コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸田日出刀 きしだ ひでと

4件 の用語解説(岸田日出刀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸田日出刀 きしだ-ひでと

1899-1966 大正-昭和時代の建築家。
明治32年2月6日生まれ。母校東京帝大の教授内田祥三(よしかず)の下で,関東大震災後のキャンパス再建にあたり,安田講堂などを設計。昭和4年教授となり,前川国男,丹下健三らをそだてた。22年日本建築学会会長。25年芸術院賞。昭和41年5月3日死去。67歳。福岡県出身。著作に「オットー・ワグナー」「過去の構成」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

岸田日出刀【きしだひでと】

建築家。福岡市生れ。東大工学部を卒業後,母校教授となる。建築意匠に関する論文を多数発表,O.ワーグナー表現主義などヨーロッパの新建築運動を紹介して日本の近代建築の発展に貢献。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

きしだひでと【岸田日出刀】

1899~1966) 建築家・建築評論家。福岡県生まれ。東京帝大教授。安田講堂などを設計。著「欧米建築界の趨勢」「欧州近代建築史論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸田日出刀
きしだひでと
(1899―1966)

建築家。鳥取県倉吉市出身。1922年(大正11)東京帝国大学建築学科卒業。25年東大助教授、29年(昭和4)教授。造形意匠の権威者。内田祥三とともに東大安田講堂(1925)、同図書館(1928)など、関東大震災後の東大キャンパスの復興にあたる。教育者としての功績も高く、前川国男(くにお)、丹下健三(たんげけんぞう)ら優れた建築家を育てた。芸術院会員。文化財保護審議会専門委員などを歴任した。著書に『オットー・ワーグナー』『日本の建築』『過去の構成』などがある。[天田起雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岸田日出刀の関連キーワード山田守伊藤滋蔵田周忠佐藤武夫中村鎮長谷部鋭吉前田健二郎増沢洵森井健介吉田享二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岸田日出刀の関連情報