ケイ素鋼(珪素鋼)(読み)けいそこう(英語表記)silicon iron

世界大百科事典 第2版の解説

けいそこう【ケイ素鋼(珪素鋼) silicon iron】

鉄にケイ素が3%内外含まれた軟質磁性材料。主としてトランスやモーターの磁心として使用される。ケイ素鋼はホットコイルを冷間圧延し,焼きなまして製造されるので,ある程度の延性を必要とする。ケイ素含有量の上限を3%内外におさえているのは,理論的な最適量はこれよりも大きいが,ケイ素量が増加すると加工性が著しく劣化するためである。ケイ素の役割は,純鉄の高い透磁率を損なわないで,比電気伝導度を低下させて,電磁鋼板として必要な低い鉄損を実現することにある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android