コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ素鋼(珪素鋼) けいそこう silicon iron

1件 の用語解説(ケイ素鋼(珪素鋼)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいそこう【ケイ素鋼(珪素鋼) silicon iron】

鉄にケイ素が3%内外含まれた軟質磁性材料主としてトランスやモーターの磁心として使用される。ケイ素鋼ホットコイルを冷間圧延し,焼きなまして製造されるので,ある程度の延性を必要とする。ケイ素含有量の上限を3%内外におさえているのは,理論的な最適量はこれよりも大きいが,ケイ素量が増加すると加工性が著しく劣化するためである。ケイ素の役割は,純鉄の高い透磁率を損なわないで,比電気伝導度を低下させて,電磁鋼板として必要な低い鉄損を実現することにある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケイ素鋼(珪素鋼)の関連キーワード磁性体硬質磁器磁心二酸化ケイ素自己修復材料軟質無機高分子非磁性体ローノイズテープ斎藤英夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone