トランス(英語表記)Torrance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トランス
Torrance

アメリカ合衆国,カリフォルニア州南部,ロサンゼルス西郊の工業,住宅都市。 1911年工業都市として建設され,石油が発見されたため大きく発展した。採油石油精製鉄鋼機械工業などが盛んである。人口 14万5438(2010)。

トランス
trance

現実感が喪失したり,刺激に対する感受性が低下したり,さらに意志的な動作がなくなったり,自分の意志によらずに自動的な運動が生じたりするなど,睡眠に似た心的状態をさす。この状態はしばしばヒステリー発作中に現れ,催眠によっても誘導される。宗教的あるいは感情的なトランスをエクスタシス (エクスタシー) という。トランスが極端になると昏睡状態に陥る。

トランス

変圧器」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トランス(trance)

催眠状態やヒステリーの場合にみられる、意識が通常とは異なった状態。受動性被暗示性が高まって自発的な行為が減少し、運動・知覚・思考などの異常性が誘起されやすくなる。

トランス(trans)

《横切って、他の側へ、超越して、の意》化合物中の原子や原子団などが、反対側に位置すること。→シス

トランス

《transformerの略》変圧器

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

トランス

意識の変容による異常な精神状態のことで,催眠やヒステリー,宗教的修行による忘我状態を指す。シャーマンシャマニズム)はトランス状態に入って超自然的存在と接触し,予言や祭儀を行う。
→関連項目エクスタシー幻覚

トランス

トランスフォーマーtransformerの略。→変圧器

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

トランス

鴻上尚史による戯曲。男性2人、女性1人による3人芝居。1993年、自身の演出、小須田康人・長野里美・松重豊の出演により初演。以後、鴻上の演出によらないものも含め数多くの再演がある人気作で、第38回岸田国士戯曲賞の候補作品にもなった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トランス【trance】

意識の変容による異常精神状態をいう。催眠によって表面の意識が消失し,心の内部の自律的な思考や感情があらわれる場合や,ヒステリー,カタレプシーによる意識の消失,狐やその他の霊に憑(つ)かれたとされるとき,または外界との接触を絶つ宗教的修行による忘我・法悦状態などを指す。このトランス状態に入って,超自然的存在である神や精霊,死霊などと接触し,卜占,予言,治療,祭儀を行う呪術‐宗教的職能者をシャーマンというが,シャーマンのトランスには霊魂が身体から離れて異界に移動し,神や霊と接触する脱魂(エクスタシーecstasy)と,超自然的存在がシャーマンを訪ねる憑依(ポゼッションpossession)との,2種類の神秘体験があるといわれる。

トランス

トランスホーマーtransformerの略。変圧器,または変成器のこと。変圧器はその名の示すように交流電圧を変えることを目的とする。変成器は高い電圧や,大電流を測定しやすい電圧や電流に変える変圧器の意味に用いられることが多い。変圧器変成器【山本 充義】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トランス

〔transformer の略〕
変圧器。

トランス【trance】

催眠やヒステリーなどの場合にみられる、常態とは異なった精神状態。宗教的儀礼の忘我・恍惚こうこつの状態にもいう。
電子楽器を使った無機的なダンス-ミュージックのうち、サイケデリック(幻覚的)なサウンドを持つもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

トランス

〘名〙 (trance) 催眠状態やヒステリーにみられる、意識が常態でなくなった状態。自発的思考や意志決定が減弱し、無意識的行動が優勢になる。〔モダン辞典(1930)〕

トランス

〘名〙 (transformer の略) 電気の変圧器のこと。
※顔の中の赤い月(1947)〈野間宏〉「彼の下宿の近所のトランスが焼けてしまったので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のトランスの言及

【幾何異性】より

…この種の異性体の最初の例は,J.A.ウィスリツェヌスが87年に報告したフマル酸とマレイン酸であった。マレイン酸は加熱すると容易に水を失って無水マレイン酸になるのに対して,フマル酸は強熱しない限り水を失わず,そのうえ脱水生成物は無水マレイン酸であることから,二つのカルボキシル基が二重結合の同じ側にくるものをシスcis型,反対側にくるものをトランスtrans型と呼ぶようになった。 幾何異性体ないしシス‐トランス異性体は光学異性体と異なり,異性体間の物理的・化学的性質に著しい差がある場合が多いため,両者を分離することは比較的容易である。…

【シャマニズム】より

…地域により脱魂型の濃厚なところ,憑霊型の多いところ,両者が重なり合っている場合などある。脱魂であれ憑霊であれ超自然的存在との直接接触・交流は,シャーマンが日常的心理・意識を変異させた状態すなわち〈トランスtrance〉において実現される。地域によっては夢がトランスと同じように神人交流の役割をもつ場合もある。…

【エクスタシー】より

…宗教の中には,神秘体験によるエクスタシーを重要視するものも多いが,とくにシャマニズムでは,中心的行為と考えられている。エリアーデは,その著《シャマニズム》(1951)で,シャマニズムとはエクスタシーの技術であり,これに必ず伴う意識の変化であるトランス状態で,巫者の魂が肉体を離れて天上界や地下界を往復すると信じられている現象であると述べている。シャマニズムのエクスタシーは,脱魂と憑依(ひようい)の2種があるが,エリアーデは狐憑(つ)きや霊などにとり憑かれる憑依を二次的な形態と考えている。…

【幻覚】より

…幻や夢は,神霊,死霊,祖霊など霊的存在を含む〈他者〉との直接接触・交流の回路であり,媒体であるとされるからである。人類学者ブールギニョンE.Bourguignonは幻覚を〈トランス〉の類似概念であるとし,トランスにおいて自己の外界に対象を知覚・認識するのが幻覚であり,同じトランスにおいてであっても,対象が自己に憑入(ひようにゆう)し,対象と自己が同一化するのが〈憑霊〉であるとして,両者を区別している。幻覚は各地のシャーマン(予言者,見者など)のイニシエーションおよび儀礼において,シャーマンが霊的存在や霊界と直接接触・交流する際の不可欠の条件である。…

【シャマニズム】より

…シャマニズムとは通常,トランスのような異常心理状態において超自然的存在(神霊,精霊,死霊など)と直接に接触・交流し,この間に予言,託宣,卜占,治病,祭儀などを行う人物(シャーマン)を中心とする呪術・宗教的形態である。〈シャーマン〉の語はツングース系諸族において呪術師を意味する〈サマンšaman,saman〉に由来するとする説が有力である。…

【憑物】より

…【小松 和彦】
[憑物と憑霊]
 日本語の〈憑物〉と外国語の〈憑霊spirit possession〉との間には厳密には少なからず差異がある。R.ファースは〈憑霊はトランスの一形態であり,ある人物の行動が,彼の身体に入るか,さもなくば影響している超人間的実在によって指示されていると信じられていること〉と定義した。すなわち憑霊は,神霊,精霊,死霊,祖霊,妖怪などの超人間的実在=霊的存在がある人物に憑依して,彼にある行動をとらせたり,幸福にしたり不幸にしたりするとみられる現象である。…

【変圧器】より

…トランスフォーマー,略してトランスともいわれ,場合により変成器ともいわれる。変圧器は交流の電圧および電流の大きさを電磁作用により変成する電気機器である。…

※「トランス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トランスの関連情報