コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケシキスイ ケシキスイNitidulidae; sap beetle

3件 の用語解説(ケシキスイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケシキスイ
ケシキスイ
Nitidulidae; sap beetle

鞘翅目ケシキスイ科の昆虫の総称。微小ないし小型の甲虫で,体は円形に近いものから卵形,かなり細長いものまであるが,いずれも扁平である。頭部がかなり大きい種が多く,複眼はよく発達し,大腮は強大である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケシキスイ【sap beetle】

甲虫目ケシキスイムシ科Nitidulidaeに属する昆虫の総称。世界から約2500種,日本から約150種が知られている。体型は一般に卵形でやや平たく,小型の種類が多い。触角は先端の3節が幅広い。生態的な特徴は種類によって食性が多岐にわたること,食餌や寄主に高密度の大集団をつくること,土中に潜って蛹化(ようか)することである。食性を大別すると成虫,幼虫とも花を食べるもの,成虫が花に集まり幼虫が熟した果実を食べるもの,成虫は花に集まり幼虫はキノコを食べるもの,成虫,幼虫ともキノコを食べるもの,成虫,幼虫とも熟した果実を食べるもの,成虫,幼虫とも樹液を食べるもの,成虫は樹液や果実を食べ,幼虫が肉食性(捕食性)のものなどとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケシキスイ
けしきすい / 芥子木吸・出尾虫
sap beetles

昆虫綱甲虫目ケシキスイ科Nitidulidaeの昆虫の総称。世界中に分布し、約2800種が知られ、日本には未記録種を含めて約200種いる。日本最大種のヨツボシケシキスイは体長14ミリメートルに達するが、大半の種は2~5ミリメートルである。楕円(だえん)形で比較的平らな虫が多いが、半球形や、腹節が数節露出して、ハネカクシに似た細長い種もいる。触角は末端数節が広がって球桿(きゅうかん)部をつくり、前脚(まえあし)の基節は横長で亜基節がみえ、(ふせつ)は5節または4節。生活様式はグループによって大差があり、花、果実、樹液、キノコ、朽ち木、腐敗動物質、アリの巣などでみられ、ときに大集団をつくる。穀類など貯蔵食品の著名害虫もいる。オニケシキスイ亜科の多くの種は、幼虫がキクイムシの天敵で、タマキスイ亜科の虫もカイガラムシを捕食する。ヒメヒラタケシキスイは柑橘(かんきつ)類の花に集来し、落花させたり、実に傷をつける。[久松定成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone