ケトース

化学辞典 第2版「ケトース」の解説

ケトース
ケトース
ketose

ulose.ケトン基をもつ単糖類の総称で,アルドースに対応する.その炭素数により,ケトトリオースケトテトロースケトペントースケトヘキソースなどに分類される.天然産のケトースは,D-フルクトースやL-ソルボースのように,末端から2番目の炭素原子がケトン基になったもの(2-ケトースまたは2-ウロースという)が圧倒的に多い.水に可溶,甘く,フェーリング液を還元し,銀鏡反応を示す([別用語参照]還元糖).アルドースと比べて対照的なのは酸化のされ方である.室温では臭素酸化を受けず,硝酸と熱するとケトン基のところで炭素鎖が切れて2個のカルボン酸を生じる.たとえば,D-フルクトースからは主としてシュウ酸とメソ酒石酸ができる.

次の図は,D系の2-ケトースの構造と相互関係を示す.これらの立体配置は,同一のオサゾンをつくるアルドースのそれとの比較により,容易に知ることができる.生体内では,対応するアルドースからイソメラーゼにより合成される.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ケトース」の解説

ケトース
けとーす
ketose

ケトン基をもつ単糖の総称。単糖としての諸性質のうち、アルドースと異なる点は酸化のされ方で、次亜ヨウ素酸塩では酸化されないが、強く酸化するとケトン基のところで切れて2個のカルボン酸を生ずる。天然に存在するケトースで代表的なものに、ケトヘキソースの一つであるD-フルクトース果糖)があり、ケトペントースとしてはキシルロースがある。動物体内ではともに代謝中間体として存在し、代謝異常によりフルクトース尿症(酵素である肝フルクトキナーゼの欠損による)やペントース尿症(L-キシルロースレダクターゼの欠損による)などが現れる。

[飯島道子]

『R・K・マレー他著、上代淑人・清水孝雄監訳『ハーパー生化学』原書28版(2011・丸善)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ケトース」の解説

ケトース
ketose

ケト糖ともいう。ケトン性のカルボニル基をもつ単糖類の総称。ケトンアルコールであり,アルドースに対応する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のケトースの言及

【単糖】より

…アルデヒド基もしくはケトン基をもつ多価アルコールで,炭水化物の構成単位となっている化合物の総称。アルデヒド基を含むものをアルドースaldose,ケトン基を含むものをケトースketoseと呼ぶ。日常生活で最もよく出会う単糖はD‐グルコースD‐glucose(ブドウ糖)でC6H12O6の分子式をもつ。…

※「ケトース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android