コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケトース ketose

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケトース
ketose

ケト糖ともいう。ケトン性のカルボニル基をもつ単糖類の総称。ケトンアルコールであり,アルドースに対応する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ケトース

 単糖で,2位の炭素もしくはそれ以下の炭素にカルボニル基をもつもの.たとえばフルクトース.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケトース
けとーす
ketose

ケトン基をもつ単糖の総称。単糖としての諸性質のうち、アルドースと異なる点は酸化のされ方で、次亜ヨウ素酸塩では酸化されないが、強く酸化するとケトン基のところで切れて2個のカルボン酸を生ずる。天然に存在するケトースで代表的なものに、ケトヘキソースの一つであるD-フルクトース(果糖)があり、ケトペントースとしてはキシルロースがある。動物体内ではともに代謝中間体として存在し、代謝異常によりフルクトース尿症(酵素である肝フルクトキナーゼの欠損による)やペントース尿症(L-キシルロースレダクターゼの欠損による)などが現れる。[飯島道子]
『R・K・マレー他著、上代淑人・清水孝雄監訳『ハーパー生化学』原書28版(2011・丸善)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のケトースの言及

【単糖】より

…アルデヒド基もしくはケトン基をもつ多価アルコールで,炭水化物の構成単位となっている化合物の総称。アルデヒド基を含むものをアルドースaldose,ケトン基を含むものをケトースketoseと呼ぶ。日常生活で最もよく出会う単糖はD‐グルコースD‐glucose(ブドウ糖)でC6H12O6の分子式をもつ。…

※「ケトース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ケトースの関連キーワードキシロースイソメラーゼジヒドロキシアセトンアマドリ転位反応ベルトランの法則ケトテトロースアミノケトースセリワノフ反応アラビノースイソメラーゼマンノースキシロースプシコーストリオースヘプトース炭水化物転移酵素オサゾンウロン酸ケト糖オソン