コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケラーマン ケラーマン Kellermann, Bernhard

3件 の用語解説(ケラーマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケラーマン
ケラーマン
Kellermann, Bernhard

[生]1879.3.4. フュルト
[没]1951.10.17. ポツダム
ドイツの小説家。機械文明化した社会を描いた反資本主義的未来小説『トンネル』 Der Tunnel (1913) は,ナチスによって禁書となる。第2次世界大戦東ベルリンでドイツ民主革新連盟を創立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ケラーマン【Bernhard Kellermann】

1879~1951) ドイツの小説家。資本主義を批判した科学的な未来小説「トンネル」が代表作。他に「十一月九日」「アナトール市」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケラーマン
けらーまん
Bernhard Kellermann
(1879―1951)

ドイツの作家。初め画家を志したが、印象主義的小説『イェスターとリー』(1904)発表後作家の道を選び、ヨーロッパアメリカをトンネルで結ぶ未来小説『トンネル』(1913)がベストセラーとなって世界的名声を得た。日本をはじめ広く世界を旅し、とりわけ数回にわたるソビエト旅行の体験から反資本主義的な小説を書き、戦後は東ドイツで活躍して、ナチズムを批判した小説『死の舞踏』(1948)を発表した。[早崎守俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケラーマンの関連キーワードフューラーレフュジー三角数フューザンフュズレパンツゾイドフューザーズフュルビンガーの法則フュルスト,パウル ヴァルタークーアフュルステンダムフュメ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケラーマンの関連情報