コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケラーマン Kellermann, Bernhard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケラーマン
Kellermann, Bernhard

[生]1879.3.4. フュルト
[没]1951.10.17. ポツダム
ドイツの小説家。機械文明化した社会を描いた反資本主義的未来小説『トンネル』 Der Tunnel (1913) は,ナチスによって禁書となる。第2次世界大戦後東ベルリンでドイツ民主革新連盟を創立した。ほかに反軍国主義的小説『11月9日』 Der neunte November (20) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ケラーマン【Bernhard Kellermann】

1879~1951) ドイツの小説家。資本主義を批判した科学的な未来小説「トンネル」が代表作。他に「十一月九日」「アナトール市」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケラーマン
けらーまん
Bernhard Kellermann
(1879―1951)

ドイツの作家。初め画家を志したが、印象主義的小説『イェスターとリー』(1904)発表後作家の道を選び、ヨーロッパとアメリカをトンネルで結ぶ未来小説『トンネル』(1913)がベストセラーとなって世界的名声を得た。日本をはじめ広く世界を旅し、とりわけ数回にわたるソビエト旅行の体験から反資本主義的な小説を書き、戦後は東ドイツで活躍して、ナチズムを批判した小説『死の舞踏』(1948)を発表した。[早崎守俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ケラーマンの関連キーワードサイコドラマ内田聡明3月4日代表作

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android