ケレスチヌス1世(読み)ケレスチヌスいっせい(英語表記)Coelestinus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]?. カンパーニア
[没]432.7.27. ローマ
カンパーニア(→カンパーニア州)出身の第43代教皇在位 422~432)。聖人。ローマ教会の助祭だったが,422年9月に教皇ボニファチウス1世(在位 418~422)のあとを継ぎ教皇に選出された。人間の魂の救済に神の恩恵が果たす役割は最小限でよいとするペラギウス説に反駁し,429年に 2人のフランス人司教,オセールのゲルマヌストロワのルプスをイングランドへ派遣,ペラギウス派との論戦に臨ませた。また,431年にローマでパラディウス叙階し,アイルランド初代の司教として送り込んだ。さらに,キリストの人性と神性は独立して存在すると主張したネストリウス派を容赦なく攻撃,アレクサンドリア総大司教キュリロスに,エフェソス公会議(431)でネストリウス自説を撤回させる役割を託した。ケレスチヌス1世はネストリウスを追放する公会議の決定を承認し,ここに 1世紀以上に及ぶ教会分裂が起こった。祝日は 7月27日(アイルランドでは 4月6日)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android