コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケレーニイ Karl Kerényi

世界大百科事典 第2版の解説

ケレーニイ【Karl Kerényi】

1897‐1973
ハンガリー出身の古典神話学者。ブダペスト大学で古典文献学を修めた後,ベルリンに留学,ドイツの正統的文献学に接するが,彼の学風はむしろブルクハルト,ニーチェ,W.F.オットーなどの傍系につらなる。祖国の政治体制と妥協できず1943年にスイスに移住,ここで死去。欧州各大学に客員教授として招かれたほかはフリーの立場で,ユング,T.マン,ホイジンガなどとの学問的交流を通じて実存的生の立場からの神話学を展開した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ケレーニイ【Karl Kerényi】

1897~1973) ハンガリー生まれの古典神話学者。ユングの影響を受け、ギリシャ神話の新たな解釈を試みる。著「ギリシアの神話」「迷宮と神話」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ケレーニイの関連キーワードエラノス会議

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android