コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケロッグ Kellogg, Frank Billings

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケロッグ
Kellogg, Frank Billings

[生]1856.12.22. ニューヨークポツダム
[没]1937.12.21. ミネソタ,セントポール
アメリカの政治家。弁護士。反トラスト法関係の政府司法官を経て,1916年ミネソタ州より連邦上院議員に当選。 24年イギリス駐在大使となったが,翌年 C.クーリッジ政府の国務長官に就任し,28年不戦条約 (ケロッグ=ブリアン協定) を締結に導いた。 29年ノーベル平和賞受賞。

ケロッグ
Kellogg Co.

アメリカのインスタント穀物食品 (シリアル) メーカー。 1906年に発足したケロッグ・トーステッド・コーン・フレークスを再編して,22年に設立。多数の穀物食品 (コーンフレークスなど) ,穀物以外の食料品 (半調理ペストリー,サラダドレッシング,シロップ) などを製造。系列会社にミセズ・スミスズ・フローズン・フーズ (冷凍食品) ,サラダ・フーズ (デザート・ミックス) ,ファーン・インターナショナル (系列レストラン向けの食品販売) などがある。日本には子会社日本ケロッグがある。年間売上高 68億 3000万ドル,総資産 48億 7700万ドル,従業員数1万 4339名 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ケロッグ

米国の政治家。共和党に属し上院議員,駐英大使,クーリッジ政権下の国務長官(1925年,1929年)となる。対中南米友好政策を推進,1928年の戦争放棄に関するケロッグ=ブリアン条約の締結に尽力。
→関連項目不戦条約

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ケロッグ【Frank Billings Kellogg】

1856~1937) アメリカの政治家。1928年フランス外相ブリアンとともに不戦条約(ケロッグ-ブリアン協定)を成立させた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケロッグ
けろっぐ
Frank Billings Kellogg
(1856―1937)

アメリカの政治家。12月22日ニューヨーク州に生まれ、少年期にミネソタ州へ移り、ロチェスターで弁護士を開業(1877)。20世紀初頭の革新主義期に、連邦政府・州際通商委員会の特別顧問を務め、スタンダード石油、ハリマン系鉄道会社などのトラストの摘発、調査で活躍して名声を博し、1912、13年にはアメリカ弁護士協会会長となった。のち連邦上院議員(1917~23)を経て、クーリッジ政府の駐イギリス大使(1924~25)、国務長官(1925~29)を歴任した。28年、国務長官として、戦争を不法とするケロッグ‐ブリアン条約を締結し、翌年ノーベル平和賞を受けた。晩年は国際常設司法裁判所判事(1930~35)。37年12月2日没。[高橋 章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ケロッグの関連キーワードバトラー(Nicholas Murray Butler)クーリッジ(John Calvin Coolidge)オールブラン シリアル・ビスケット クリスプフランク・ビリングス ケロッグオールブラン ショートブレッドオールブラン ブランフレークプーさんのはちみつだいすきココくんのチョコクリスピーオールブラン クラッカーあじわいココアフレークカルロス グティエレスベロニカ カートライトセシル ボンヌフォンハニーナッツクランチチョコレートグラノラトニー・ザ・タイガーM. ベネディクトココくんのチョコワジョン ホーベンフルーツグラノラ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケロッグの関連情報