コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンブル ケンブルKemble, Fanny (Frances Anne)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケンブル
Kemble, Fanny (Frances Anne)

[生]1809.11.27. ロンドン
[没]1893.1.15. ロンドン
イギリスの女優。俳優チャールズ・ケンブルの娘,名女優 S.シドンズの姪。悲劇喜劇ともこなし,アメリカでも人気を博した。当り役ジュリエットポーシャなど。

ケンブル
Kemble, John Philip

[生]1757.2.1. ランカシャー,プレスコット
[没]1823.2.26. ローザンヌ
イギリスの俳優。俳優ロジャー・ケンブルの息子,女優 S.シドンズの弟。貴族的容姿と荘重な演技スタイルで,シェークスピアのローマ物にすぐれ,ことに『コリオレーナス』は彼の最大の当り芸。シドンズと演じた『マクベス』 (1785) も有名。ドルアリー・レーン劇場やコベントガーデン劇場の支配人をもつとめ,経営や衣装,装置の改良に尽した。朗詠調せりふの創始者。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケンブル【John Philip Kemble】

1757‐1823
イギリスの俳優。有名な俳優一族の一員で,両親や弟妹たちもすべて俳優だが,特に有名なのは,18世紀後半から19世紀にかけて最高の悲劇女優とされた姉シドンズ夫人Mrs.Siddons(1755‐1831)や,19世紀のシェークスピア上演で悲劇と喜劇の両方に才能を発揮しためいのファニー・ケンブルFanny Kemble(1809‐93)である。ジョン・フィリップ・ケンブルは幼時から両親とともに舞台に立っていたが,1783年ハムレットを演じてロンドンに登場,《ジュリアス・シーザー》のブルータス,《コリオレーナス》の主人公など,シェークスピア悲劇の重要人物の役で好評を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケンブル
けんぶる
John Philip Kemble
(1757―1823)

イギリスの俳優。理髪師から転じて旅芸人一座を興したロジャー・ケンブルRoger Kemble(1722―1802)の長男で、姉は有名な悲劇女優シドンズ夫人。他の兄弟や姪(めい)たちも俳優として活躍した。少年時に受けた神学教育が最後まで残った感じの厳粛で端正な演技で、ハムレット、ブルータス、リア王、コリオレイナスなど悲劇に持ち味を示した。青白きインテリのハムレットは彼に始まるといえよう。晩年はドルーリー・レーン、コベント・ガーデン両劇場の支配人を務め、舞台装置、衣装の改革などにも尽力した。[中野里皓史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ケンブル

生年月日:1807年4月2日
イギリスの言語学者,歴史家
1857年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ケンブルの関連キーワードブランケンブルク(Wolfgang Blankenburg)キーン(Edmund Kean)ローベルト・J. コルデヴァイジョン・フィリップ エルスターオスヴァルト シュペングラーフリッツ・フォン ウーデスーパーシンケンブルー忍風戦隊ハリケンジャードルーリー・レーン劇場轟轟戦隊ボウケンジャー侍戦隊シンケンジャーベンノー プルードラキンダーガルテンスパーケンブルフP. クッシェシュペングラーフーゲンベルクケンブル一家ラドウィッツカトライン