コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーシング casing

翻訳|casing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーシング
casing

羊および豚の外皮水洗塩漬にしたもの。ハムソーセージの包装に用いる。腸の肉質の部分を取除くため裏返してある。腸の代り同質の繊維質でこしらえたものもケーシングと呼んで利用している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ケーシング(casing)

包装材料。外箱・袋・筒など。
ハム・ソーセージの肉を包み込む、薄い膜状の袋。
油井・ガス井戸などの鉄管。鉄パイプ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

ケーシング

 ソーセージなどの製造にあたり肉製品を詰めるための材料.普通そのまま食べてしまうものが用いられる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ケーシングの関連キーワード東京・千代田区のクレーン事故塩化ビニリデンケーシングフランクフルトソーセージセメンティング[坑井]ドメスチックソーセージビスコースケーシングスキンレスソーセージラビリンスパッキングセルロースケーシングガン・パーフォレータフレッシュソーセージコラーゲンケーシングウィンナソーセージボロニアソーセージチュービングパイプロータリーエンジンセメントボンドロググラベルパッキングクリスマス・ツリーケーシングパイプ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android