コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーシング ケーシングcasing

翻訳|casing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーシング
casing

羊および豚の腸の外皮を水洗,塩漬にしたもの。ハムやソーセージの包装に用いる。腸の肉質の部分を取除くため裏返してある。腸の代りに同質の繊維質でこしらえたものもケーシングと呼んで利用している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ケーシング(casing)

包装材料。外箱・袋・筒など。
ハム・ソーセージの肉を包み込む、薄い膜状の袋。
油井・ガス井戸などの鉄管。鉄パイプ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

ケーシング

 ソーセージなどの製造にあたり肉製品を詰めるための材料.普通そのまま食べてしまうものが用いられる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ケーシング【casing】

窓やドアなどの、建具を設置する開口部分にぐるりととりつけた枠。見ばえをよくするほか、壁紙のはがれや結露の浸透を防ぐ。◇「額縁」ともいう。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

ケーシングの関連情報