ケーシング(英語表記)casing

翻訳|casing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーシング
casing

羊および豚の外皮水洗塩漬にしたもの。ハムソーセージ包装に用いる。腸の肉質の部分を取除くため裏返してある。腸の代り同質繊維質でこしらえたものもケーシングと呼んで利用している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ケーシング(casing)

包装材料。外箱・袋・筒など。
ハム・ソーセージの肉を包み込む、薄い膜状の袋。
油井・ガス井戸などの鉄管。鉄パイプ。
カーカス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

ケーシング

 ソーセージなどの製造にあたり肉製品を詰めるための材料.普通そのまま食べてしまうものが用いられる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケーシングの関連情報