コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲイツケル Gaitskell, Hugh Todd Naylor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲイツケル
Gaitskell, Hugh Todd Naylor

[生]1906.4.9. ロンドン
[没]1963.1.18. ロンドン
イギリスの政治家,経済学者。オックスフォード大学卒業。 1926年労働党入党。 45年下院議員。 47~50年 C.アトリー内閣燃料動力相として石炭,電力,ガスなどの国有化を実施。 50~51年経済相。 55~63年労働党党首。 59年 10月総選挙で労働党が敗れてから,党内の対立が激化した。労働党政権樹立を目前にして急死。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲイツケル
げいつける
Hugh Todd Naylor Gaitskell
(1906―1963)

イギリスの政治家。オックスフォード大学を卒業後、ロンドン大学の経済学講師を経て、1945年に労働党下院議員。アトリー内閣で燃料動力相、経済担当相、蔵相を務めた。蔵相時代に軍事費増額のため社会保障費を削減し、労働党左派の反発を招いた。1955年アトリーの後を継いで党首に就任し、それまで党の基本政策となってきた国有化政策の緩和を主張するとともに、左派の唱える核兵器の一方的廃棄案に強く反対した。労働党右派を代表する彼の名と、保守党改革派を代表するバトラーの名とでつくられた「バツケリズム」Butskellismということばは、1950年代の両党間の接近を示すものとして使われた。[木畑洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゲイツケルの関連キーワードウィルソン(Sir Harold Wilson)ディスエンゲージメントハロルド ウィルソンクロスランドウィルソンゲーツケル4月9日ベバン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android