コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルステンベルク ゲルステンベルクGerstenberg, Heinrich Wilhelm von

2件 の用語解説(ゲルステンベルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲルステンベルク
ゲルステンベルク
Gerstenberg, Heinrich Wilhelm von

[生]1737.1.3. トンダーン
[没]1823.11.1. アルトナ
ドイツの詩人,批評家。シェークスピアを研究,土着のもの,古代的なものの重要性を唱え,シュトゥルム・ウント・ドラング運動の理論的指導者となる。評論『文学の不思議さについての手紙』 Briefe über Merkwürdigkeiten der Literatur (1766~71) のほか,悲劇『ウゴリーノ』 Ugolino (68) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲルステンベルク
げるすてんべるく
Heinrich Wilhelm von Gerstenberg
(1737―1823)

ドイツの詩人、劇作家、批評家。デンマーク士官の子として生まれ、自身もデンマーク士官となって対ロシア戦争に従軍、のち北ドイツで領事などの役を務めた。「文学の新奇についての書簡」と題された批評誌で、形式や規則の枠を超越したシェークスピアの天才をたたえた。戯曲『ウゴリーノ』(1768)はシュトゥルム・ウント・ドラングの先駆をなす力作である。[宮下啓三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゲルステンベルクの関連キーワード小金井桜地方創生安積澹泊ガルバーニ関羽ギボンゲッティンゲン根岸鎮衛ペインメディチ家

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone