コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルステンベルク ゲルステンベルク Gerstenberg, Heinrich Wilhelm von

2件 の用語解説(ゲルステンベルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲルステンベルク
ゲルステンベルク
Gerstenberg, Heinrich Wilhelm von

[生]1737.1.3. トンダーン
[没]1823.11.1. アルトナ
ドイツの詩人,批評家。シェークスピアを研究,土着のもの,古代的なものの重要性を唱え,シュトゥルム・ウント・ドラング運動の理論的指導者となる。評論『文学の不思議さについての手紙』 Briefe über Merkwürdigkeiten der Literatur (1766~71) のほか,悲劇『ウゴリーノ』 Ugolino (68) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲルステンベルク
げるすてんべるく
Heinrich Wilhelm von Gerstenberg
(1737―1823)

ドイツの詩人、劇作家、批評家。デンマーク士官の子として生まれ、自身もデンマーク士官となって対ロシア戦争に従軍、のち北ドイツで領事などの役を務めた。「文学の新奇についての書簡」と題された批評誌で、形式や規則の枠を超越したシェークスピアの天才をたたえた。戯曲『ウゴリーノ』(1768)はシュトゥルム・ウント・ドラングの先駆をなす力作である。[宮下啓三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲルステンベルクの関連キーワードラマダーンアンダーアンダーパーテンダーフェンダー体内カレンダーサンダーストーン 未来を救え!アンダー・プレッシャーテンダー・グリーンツィンダー,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone