ゲルバー(Carl Friedrich Wilhelm von Gerber)(読み)げるばー(英語表記)Carl Friedrich Wilhelm von Gerber

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲルバー(Carl Friedrich Wilhelm von Gerber)
げるばー
Carl Friedrich Wilhelm von Gerber
(1823―1891)

ドイツの法学者、政治家。1847年よりエルランゲンチュービンゲンイエナライプツィヒの各大学教授を歴任後、1871年ザクセン邦国文相となる。1891年同邦国首相となるが、急逝した。法学者として彼は、まず法概念を個人の意思力を制限するものとしてとらえることによって、ドイツ私法を「意思可能性の体系」として構成し、そして私法学を抽象的法概念の論理的体系として樹立しようとした。私法学において実証主義的方法によって得た合理主義的法体系学を公法の分野にも転用して、ラーバントによって完成される法実証主義の創始者となる。彼によって創始された公法学の概念と思考様式は、今日までドイツばかりでなく、日本にも大きな影響を及ぼしている。次に政治家として彼は、ザクセン邦国のあらゆる文化領域における近代的改革において指導的役割を果たした。主著に『ドイツ公法体系』(1865)がある。

[安 世舟]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android