ゲームマシン(読み)げーむましん(英語表記)game machine

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲームマシン
げーむましん
game machine

カジノやゲームセンターなどに設置されている娯楽機器の総称。コンピュータ・ゲームが登場するまでは、レバーや歯車などの機械的な要素で構成されていた。代表的なものは、1895年にアメリカのチャールズ・フェイCharles Feyが考案したと伝えられるスロットマシンslot machineや、大正末期に流行したガチャンコの改良であるパチンコで、ともに射幸遊戯を提供してきた。一方、コンピュータ・ゲームは、1962年アメリカのマサチューセッツ工科大学生ラッセルS. Russellにより始められたとされる(アメリカ、ブルックヘイブン国立研究所のW・ヒギンボーサムHiginbothamのテニスゲームが最初という説もある)。コンピュータを利用したゲームマシンで最初に商業的に成功したのは、1972年アメリカのノラン・ブッシュネルNolan K. Bushnellがピンポンを模して開発商品化した「ポン」Pongである。これは射幸ではなく「遊ぶ時間を売る」というまったく新しいタイプのゲームマシンで、以後このタイプのゲームはゲームセンターなどに設置され、アーケードゲームマシンarcade game machineとよばれている。その後、半導体技術の進歩によってマイクロコンピュータが登場すると、ゲームマシンの大半はコンピュータ化され、「映像と遊ぶ」との意味からビデオゲームマシンとも称されるようになった。1979年(昭和54)日本で大流行した「スペースインベーダー」は、その幕開きともいうべきビデオゲームである。現在、アーケードゲームマシンはコンピュータの性能の向上で、よりリアルできめの細かい映像を提供できるようになり、迫力あるゲームを楽しめるようになっている。
 ビデオゲームは一方で小型化され、1983年に発売された任天堂の「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」以後、家庭用のビデオゲームの大流行をアメリカや日本にもたらしている。[上村雅之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android