コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コアセルベート コアセルベートcoacervate

5件 の用語解説(コアセルベートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コアセルベート
コアセルベート
coacervate

コアゼルベートとも記す。親水性コロイド粒子の均等な分散相から,コロイドが分離,集合して生じてきた濃縮された粒子をいう。この現象をコアセルベーションという。コアセルベートが析出したのちの,コロイドが希薄になった水層を平衡液という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コアセルベート(coacervate)

親水性コロイド溶液中の粒子が集合して、濃厚なコロイドゾルとなり、小液滴として他の部分から分離したもの。他の物質を付着させたり取り込んだりする性質をもつため、生化学オパーリンはこれを地球上での生命発生の初期段階と考えた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

コアセルベート

親水コロイド溶液において凝結が起こると,コロイド粒子は凝集して液から分離するが,ある条件の下ではコロイド粒子が完全に分離することなく液と平衡状態を保ってコロイドに富む層と乏しい層に分かれてくる。
→関連項目生命の起源

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コアセルベート【coacervate】

水に分散したコロイド粒子が凝集して,コロイド・ゾルに富む微小液滴相と,コロイド濃度の低い周囲の平衡液相とに分離する現象をコアセルベーションcoacervationといい,生じた小液滴をコアセルベートという。クリートH.R.Kruytやブンゲンベルク・デ・ヨングH.G.Bungenberg de Jongが,1920年代末にこの現象を研究した。コロイド粒子どうしの凝集傾向と,粒子と媒質液体間の親和性との兼ねあいで起こるもので,ゼラチン水溶液に適当のアルコールを加えたものがその例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

コアセルベート【coacervate】

溶液中で、親水性コロイドの粒子が集合し、小液滴として周囲と境界をもち、溶液との間に一定の平衡状態を保っているもの。地球上での生命の起源の最初の段階と考える説がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のコアセルベートの言及

【オパーリン】より

…1926年に要旨をすでに述べているが,《地球上における生命の起源Vozniknovenie zhizni na zemle》(1936)は,世界的に大きな影響力をもち,大幅に改訂されつつ版を重ねた(3版,1957)。原始生命システムとして,コロイド集合体のコアセルベートを想定しているのは特徴の一つだが,この点は一つの仮説であり,現在,定説となっているわけではない。ほかに生細胞の酸化酵素系や,茶・パンなど農産物の生化学も研究した。…

【生物】より

…具体的にどのようなしくみで,どのようなことが起こったかについては,なおさまざまな説がある。例えば,オパーリンは《地球上における生命の起源》で,原始の海に小さな液滴状のコアセルベートとして生物が誕生したと考え,この説が広く流布されているが,ほかにもいろいろな説がある。いずれにせよ,エネルギー転換にかかわるエネルギーのシステムと,それの方向を指示し,自己保存,自己増殖を行う情報のシステムとが組み合わさったとき,初めて,生物が生じたことは確かである。…

※「コアセルベート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone