コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウカンチョウ コウカンチョウ Paroaria coronata; red-crested cardinal

2件 の用語解説(コウカンチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウカンチョウ
コウカンチョウ
Paroaria coronata; red-crested cardinal

スズメ目フウキンチョウ科。全長 16cm。雌雄とも羽色が同じ。冠羽(→羽冠)から顔,喉にかけての羽毛鮮やかな赤色でたいへん目立つ。背,,尾は灰黒色,胸から腹は白色。ショウジョウコウカンチョウは姿がよく似ていて,名にコウカンチョウとつくが,別科の鳥で,類縁関係がごく近いというわけではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウカンチョウ
こうかんちょう / 紅冠鳥
red-crested cardinal
[学]Paroaria coronata

鳥綱スズメ目ホオジロ科の鳥。同科コウカンチョウ属5種中の1種。全長約19センチメートル。頭、顔、のどは美しい赤紅色、とくに同色の羽冠はみごとである。以下の背面は青灰色、下面は白。南アメリカマト・グロッソボリビアパラグアイチャコパンパなどの高原に分布する。1928年にはハワイに導入され、定着している。主として草本の種子を好むが、昆虫、クモも食べる。じょうぶな鳥で禽舎(きんしゃ)でよく繁殖する。なお、和名のよく似たショウジョウコウカンチョウの雄は全身深紅色で、澄んだ鳴き声と変化に富むメロディが美しい。北アメリカ東部原産。全長約20センチメートル。コウカンチョウとは近縁ではあるが種も属も異なる。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コウカンチョウの関連キーワード楓鳥胡錦鳥太陽鳥風鳥紅雀八色鳥コキンチョウ(胡錦鳥)ヒワ(鶸)フウキンチョウ(風琴鳥)フウチョウ(風鳥)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コウカンチョウの関連情報