コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コクガ

百科事典マイペディアの解説

コクガ

鱗翅(りんし)目ヒロズコガ科のガの1種。開張12mm内外,灰白色,不規則な暗色紋がある。全世界に分布。幼虫は暗褐色で米,麦その他の乾燥した貯蔵穀類をつづり合わせて食害する害虫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コクガ
こくが / 穀蛾
European grain mothcorn moth
[学]Nemapogon granellus

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヒロズコガ科に属するガ。はねの開張9~15ミリメートル。一般に雌は雄より大きい。はねは非常に細長く、前翅は褐色と黒色の斑(まだら)をなす。ヨーロッパから日本まで広く分布する。幼虫は貯蔵穀物の害虫として知られ、家屋内や倉庫で各種の乾燥食品を食害する。なかでも乾燥シイタケに大害を与えることがある。ぶどう酒貯蔵中にコルクを食べることで、ヨーロッパではよく知られている。野外ではサルノコシカケ科のキノコに寄生する。成虫は晩春から初夏と、秋の2回発生する。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コクガの関連キーワードエルビスカイノのクジラ保護区ノシメマダラメイガガン(雁)ツヅリガコクガン亀田半島ヒシクイ縮小条虫大湊湾井上ガンカモ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android