コップ座(読み)コップざ(英語表記)Crater

翻訳|crater

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コップ座
コップざ
Crater

うみへび座の上にからす座と並んでいる小星座。概略位置は赤経 11時 20分,赤緯-15°で,5月上旬のに南中する。4等星以下の星が台つきのコップを形づくっている。神話ではアポロン酒杯であるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コップ座【コップざ】

5月上旬,南の中天に見える星座。明るい恒星はない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コップざ【コップ座 Crater】

略号はCrt。うみへび座の背にのる小星座。大きな取っ手のついたギリシアの酒器(クラルテ)をかたどる。α星は光度4.2等でアルケスの名がある。輝星は見えない。概略位置は赤経11h20m,赤緯-15゜。午後8時の南中は5月上旬。【石田 五郎

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コップざ【コップ座】

五月上旬の宵に南中する小星座。乙女おとめ座の南西にある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コップ座
こっぷざ

春の宵、南の空に見える小星座。うみへび座の背に長々と横たわる形で、からす座の西に接している。このコップは両側に取っ手のついた台付きの杯で、クラテルとよばれる、酒と水を混ぜる器のことである。小さな星をていねいにたどっていくと、暗いながら形がよく整った星座であることがわかる。ギリシア神話ではアポロン、アキレウス、バッカス、ヘラクレスなどの持ち物とみられていた。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

コップ‐ざ【コップ座】

南天の星座。おとめ座の南、うみへび座の北にある。四等星以下の六個の星が半円形に並びコップの口を形づくる。クラテル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android