コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノハエビ(木の葉蝦) コノハエビ Nebalia bipes

1件 の用語解説(コノハエビ(木の葉蝦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コノハエビ【コノハエビ(木の葉蝦) Nebalia bipes】

コノハエビ目コノハエビ科の小型甲殻類(イラスト)。潮間帯の潮だまりや浅海の砂泥底にすみ,体長1cm内外の一見小エビに似た体をしているが,胸部と腹部の前部は左右から閉殻筋をそなえた二枚貝様の大きな背甲で包まれている。背甲の先端に関節があり,可動なへら状の額角をもつ。この額角の下に有柄で可動な赤色の複眼がある。体は全体黄白色を帯びる。有機残骸などを食べ,ろ過摂食性ともいわれているが,はえなわなどにかかった魚を食害するなど,肉食性,腐肉食性でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コノハエビ(木の葉蝦)の関連キーワードイセエビホッコクアカエビ虎海老沼海老木の葉蝦桜蝦条蝦糠蝦藻蝦横蝦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone