コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノハエビ(木の葉蝦) コノハエビNebalia bipes

1件 の用語解説(コノハエビ(木の葉蝦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コノハエビ【コノハエビ(木の葉蝦) Nebalia bipes】

コノハエビ目コノハエビ科の小型甲殻類(イラスト)。潮間帯の潮だまりや浅海の砂泥底にすみ,体長1cm内外の一見小エビに似た体をしているが,胸部と腹部の前部は左右から閉殻筋をそなえた二枚貝様の大きな背甲で包まれている。背甲の先端に関節があり,可動なへら状の額角をもつ。この額角の下に有柄で可動な赤色の複眼がある。体は全体黄白色を帯びる。有機残骸などを食べ,ろ過摂食性ともいわれているが,はえなわなどにかかった魚を食害するなど,肉食性,腐肉食性でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone