コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノプニツカ Konopnicka, Maria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コノプニツカ
Konopnicka, Maria

[生]1842.5.23. スワウキ
[没]1910.10.8. リボフ
ポーランドの女流詩人,小説家。作品は,長年にわたる国難でうちひしがれた民衆に寄せる共感と博愛にあふれ,今日にいたるまで広く愛読されている。ポーランド児童文学の母でもある。代表作に,長詩『ブラジルのバルツェルさん』 Pan Balcer w Brazylii (1910) ,小説『四つの物語』 Cztery nowele (1888) ,『途上で』 Na drodze (93) ,童話『小人たちとみなしごマリアのこと』O krasnoludkach i sierotce Marysi (96) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コノプニツカ【Maria Konopnicka】

1842‐1910
ポーランドの女流詩人,短編作家,童話作家。実証主義思想の破綻が鮮明になった時期に登場。農民や都市プロレタリアートの貧困など,当時のポーランドの社会問題をテーマとし,形式・モティーフの点でロマン主義の伝統を継いだ作品を発表して,リアリズム期最大の女流詩人の評価を得た。作者の説明ではなく作中人物の語りによる〈底辺〉の人々の心理分析を方法とする短編小説は,シェンキエビチ,プルス,オジェシュコバらにも比べられ,今日ではむしろ短編作家として読まれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コノプニツカ
このぷにつか
Maria Konopnicka
(1842―1910)

ポーランドの女流小説家。子供の人格を認め、芸術的にも高い作品を数多く残し、ポーランド児童文学の創始者となった。おもな作品は『小人たちとみなし子マルイシャ』(1896)、『いちごつみ』(1903)、『ピンプシ君の学校での冒険』(1905)など。大人の文学作品も多く、人道主義の立場から社会批判をした。代表作に『ブラジルのバルツェル氏』(1910)がある。[内田莉莎子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コノプニツカの関連キーワード5月23日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android