コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノリー コノリー Connolly, Cyril (Vernon)

7件 の用語解説(コノリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コノリー
コノリー
Connolly, Cyril (Vernon)

[生]1903.9.10. コベントリー
[没]1974.11.26. ロンドン
イギリスの批評家。オックスフォード大学に学ぶ。『ニュー・ステーツマン』『オブザーバー』『サンデータイムズ』など代表的な新聞雑誌に書評などを定期的に寄稿。 1939年,詩人スペンダーとともに文芸誌『ホライズン』 Horizonを創刊,50年の廃刊まで編集にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コノリー
コノリー
Connolly, James

[生]1870.6.5. モナハン
[没]1916.5.12. ダブリン
アイルランド独立運動の指導者。 J.ラーキンらと労働運動を行なってアイルランド社会主義思想を導入した。第1次世界大戦開始後は武装蜂起を主張。復活祭蜂起 (1916) 後,ダブリンで処刑された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コノリー
コノリー
Connolly, Maureen Catherine

[生]1934.9.17. カリフォルニアサンディエゴ
[没]1969.6.21. テキサスダラス
アメリカ合衆国テニス選手。愛称は Little Mo。10歳でテニスを始め,1949年史上最年少で全米ジュニア選手権大会で優勝。1951年全米選手権大会(→全米オープンテニス選手権大会)の女子シングルスで初優勝し,1952年に 2連覇を果たす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コノリー

アイルランドのマルクス主義社会主義者。ダブリン,米国,ベルファストで労働運動に関わる。1916年アイルランドの英国からの独立を図ったダブリンのイースター蜂起では独立宣言に署名した一人。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コノリー【Cyril Vernon Connolly】

1903‐74
イギリスの批評家。オックスフォード大学出身。前衛的な文芸批評雑誌《ホライズン》(1939‐50)を創刊編集。1940年代のイギリス文壇に,T.S.エリオット以後のもっとも清新な国際的な,汎ヨーロッパ的ないぶきを導き入れた。《サンデー・タイムズ》の常任書評者として活躍,奇矯とも思える繊細な感受性地中海ラテン世界への愛着ある美意識によって《期待を裏切るもの》(1938),《呪われた運動場》(1945),《夕暮れの柱廊》(1973)などの批評集を世に送ったが,彼の資質をもっともよく示すものは,第2次大戦下〈パリヌルスPalinurus〉という筆名で綴った批評的独白録,断片による省察《不安の墓》(1945)であろう。

コノリー【James Connolly】

1868‐1916
アイルランドのマルクス主義的社会主義者。イースター蜂起の際,共和国独立宣言に署名した7名の指導者の一人として国民の尊敬を集めている。アイルランド移民の子としてエジンバラに生まれ,1896年にダブリンでアイルランド社会主義共和党(1903年にアイルランド社会党となる)を組織する。1903年から10年までアメリカ合衆国に滞在し,アイルランド社会主義同盟を組織。帰国後ベルファストでアイルランド運輸・一般労働組合の組織者となり,12年にはジェームズ・ラーキンとともに労働党を結成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コノリー
このりー
Cyril Vernon Connolly
(1903―1974)

イギリスの批評家。オックスフォード大学出身。1939~50年、月刊文芸誌『ホライゾン』を編集発行し、汎(はん)ヨーロッパ的視野と高踏的嗜好(しこう)を特色とした。作品は評論集『嘱望の敵』(1938)、『呪(のろ)われた遊戯場』(1945)、パリヌールスの偽名で戦時下の思索をつづった『不安な墓場』(1944)、紀行文、作家論集『性急な確信』(1963)、『夕暮の柱廊』(1973)、書簡集『ロマン的友情』(1975)など。[土岐恒二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コノリーの関連キーワードオックスフォード学派オックスフォード大学ケアケンブリッジ大学オックスフォードシューズオックスブリッジOUPオックスフォード街オックスフォードグレーオックスフォード大学出版局

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コノリーの関連情報