コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コバルト爆弾 コバルトバクダン

4件 の用語解説(コバルト爆弾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コバルト‐ばくだん【コバルト爆弾】

外側をコバルトで覆い、核爆発によって生じるコバルト60放射能で殺傷力を高めようとする核爆弾。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コバルト爆弾【コバルトばくだん】

核兵器コバルトを混在させると,爆発に際して多数発生する中性子がコバルト原子核に捕獲されて6(0/)Coとなる。6(0/)Coは半減期5.2年でβ崩壊して6(0/)Niになるが,同時に1.17,1.33MeVのγ線も放出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

コバルトばくだん【コバルト爆弾】

原爆の一種。ウランにコバルト六〇を混ぜ、ガンマ線放出量を増加させたもの。 → 中性子ちゆうせいし爆弾

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コバルト爆弾
こばるとばくだん

コバルトの放射性同位元素コバルト60(半減期5.2年)から出る放射線で人員を殺傷しようとする放射能兵器。実際にはつくられていない。最初から強い放射性物質を爆弾などに詰めておくのはむずかしいので、小型の水素爆弾中性子爆弾など、大量の中性子を発生する核兵器に非放射性のコバルトを混ぜ、爆発の際に生ずる誘導放射能としてコバルト60をつくることが考えられている。[服部 学]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコバルト爆弾の言及

【核兵器】より

…中性子爆弾は核融合反応を用いた小型の水爆であり,特に中性子の放出を増大させる構造上の工夫がなされている(図2,図3,図4)。
[その他]
 水素爆弾の周囲をコバルトで包み爆発によってコバルト60 60Co(半減期約5.27年)を生成して残留放射能を増大させるコバルト爆弾や,同様に窒素化合物を用いて爆発によって炭素14 14C(半減期5600年)を生成させる窒素爆弾も考えられてはいるが,アイデアだけのものと思われる。原子番号95以上,すなわちプルトニウムより重い元素を核分裂物質として使用して,超小型の原爆を実現する超プルトニウム爆弾の可能性はあるとしても,それらの物質の生産費用の高価さと半減期の短さから実現はきわめて難しい。…

※「コバルト爆弾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コバルト爆弾の関連キーワードコバルト華コバルト色コバルトガラスコバルト六〇生物化学兵器コバルトクラスト戦域核兵器酸化コバルトコバルト毒性コバルト (cobalt, Co)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone