コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射能兵器 ほうしゃのうへいき radioactive weapon

2件 の用語解説(放射能兵器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射能兵器
ほうしゃのうへいき
radioactive weapon

放射性物質によって生物,物体,水,空気などの環境を汚染させ,人間を殺傷する兵器。原子爆弾では,ウランプルトニウム核分裂生成物と,未分裂の少量ウラン,プルトニウムなどが放射能源となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

放射能兵器
ほうしゃのうへいき
radiological weapon

たとえば中性子爆弾(これは放射線強化兵器とよばれる)のような小型の核爆発で生ずる大量の中性子を、放射化しやすい物質に吸収させて強い放射性物質をつくり、これから出てくる放射線で、長期にわたって人間を殺傷しようとする兵器。一例としては、非放射性のコバルトを混ぜておき、中性子で放射化して半減期約5年の放射性コバルト60をつくることなどが考えられる。放射能の強いコバルト60を最初から大量に爆弾に詰めて運んでいくことは困難だが、核爆発を利用してその場で大量のコバルト60をつくるというのであれば、恐ろしい放射能兵器となりうる。もっとも「汚い」核兵器ということになる。実際にはつくられていないが、核軍縮交渉のなかで問題とされたことがある。[服部 学]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放射能兵器の関連キーワード食品中の放射性物質基準値残留放射性物質経根吸収放射性プルーム放射化学分析放射性物質汚染対処特措法核分裂と放射性物質食品中の放射性物質の基準放射分析自然放射性物質

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone