コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コプト織 コプトおりCoptic weaving

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コプト織
コプトおり
Coptic weaving

コプト裂ともいう。4~5世紀を中心に,2~12世紀の間にコプト人が製作した織物で,通常その間を前期 (2~5世紀) ,中期 (5~8世紀) ,後期 (8~12世紀) に分けている。今日伝わるその多くは,アクミムやアンティノエの墓地から発見された,遺骸に着せたり掛けたりして埋葬された屍衣の断片である。伝統的な亜麻糸の綴織 (つづれおり) の技術に,シリアの影響によるウール糸,中国から伝えられた絹糸も用いて技術を高めた。初期には刺繍,綴織がともになされたが,次第に綴織が多くなった。またビロードの先駆をなす輪奈織,絞染やろう染などの技術も駆使された。これらの織物はチュニックの胸,袖口,肩,裾まわりにつける飾り布や条飾り,室内装飾品などに用いられた。様式の特徴は陰影のない平面的な表現法,強い輪郭線,人物像における様式化された髪の扱い,目を強調する白色,重々しい眉などである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コプト‐おり【コプト織(り)】

3世紀から8世紀にかけて、エジプトキリスト教徒創始、発達させた綴(つづ)れ織り。麻・羊毛・絹を素材とし、水鳥や植物、聖書中の人物や場面、幾何図形などを模様の主題とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コプト織【コプトおり】

コプト美術における織物の遺品。またその技法文様を模した織物のこと。埋葬用の衣服やおおい布に使われており,多くは綴(つづれ)織で,麻布の地に(よこ)糸に毛,絹,麻を用いて美しい模様を表す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コプト織
こぷとおり

コプト裂(ぎれ)ともいい、エジプトのサッカラ、アクーミム、アンティーノエなどにある墳墓から出土する染織品をさす。時代的には、3、4世紀から7、8世紀ごろの間に製作されたものをいい、広くは紀元後、エジプト全土がローマ帝国の統治下に入ってから、13世紀のマムルーク朝の時代までのものを含めることがある。染織品は、死者を包んでいた衣服(チュニック、パリウム、ショールなど)と、クッション、壁掛け、敷物などの装飾品で、乾燥した砂地に長い間、遺体とともに埋葬されてきたものである。染織の種類は大部分が綴織(つづれおり)であるが、輪奈(わな)織、紋織、型染め、(ろうけち)や、編物などもある。そのうち綴織は、経糸(たていと)に麻を使い、ウールの緯糸(よこいと)で模様を表したもので、円形、四角、帯状などに織り、衣服の肩、衿(えり)、裾(すそ)などを部分的に装飾したが、台地が古くなると綴織の部分だけを切り取り、アップリケのように衣服に縫い付けた。
 模様は、初めエジプト固有の水禽(すいきん)や植物文(もん)と、ギリシア・ローマ神話に題材を求めたものが多いが、しだいにキリスト教的象徴や『新・旧約聖書』に取材した図柄が表れ、またペルシア、ビザンティンの影響の強いものなどが加わって豊富な内容を醸し出すが、やがてイスラム教のもとに大きく転向をみせる。それにしたがい、色数も初め黒の単色から多彩色へと増加するが、アラブの支配下になると全体に暗くなり、配色の混乱が表れてくる。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコプト織の言及

【コプト美術】より

…建築では,ソーハーグ近郊の〈白修道院〉(ディール・アルアビアド)と〈赤修道院〉(ディール・アルアフマル)が知られ,ともに三廊式バシリカである。
[コプト織]
 コプト美術の諸部門のうち,とくに織物(コプト織)は遺品が多い。この織物は,3世紀ころから発達し,7世紀にエジプトがイスラム文化圏に吸収されるまでつづくが,その初期にはギリシア・ローマの異教的色彩が強く,またイスラムの時代になってもコプト織の伝統は継続するので,時代的限界ははっきりしない。…

※「コプト織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コプト織の関連キーワード遠山記念館付属美術館タペストリーイスラム工芸メリヤスコプト織る

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android