コミュニティ・スクール(英語表記)community school

翻訳|community school

世界大百科事典 第2版の解説

コミュニティ・スクール【community school】

地域社会学校社会中心学校とも呼ばれる学校教育改造運動のひとつである。1920年代以降,とくに30年代のアメリカで理論化され積極的に展開されたが,歴史的には,伝統的な教科中心学校に対する児童中心学校が子どもの興味関心を重視するあまり,生活とくに地域社会の生活から遊離する傾向をもたらしたことに対する反省にもとづいている。そこでは地域社会の教育文化センターとして学校がとらえられ,地域教育調査・計画立案,その結果にもとづく学校教育カリキュラムの作成など地域社会と学校との結びつきが重視された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コミュニティ・スクールの関連情報