コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三原市 みはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三原〔市〕
みはら

広島県南部,瀬戸内海に臨む市。吉備高原の一部と沼田川流域の平野を占め,佐木島などを含む。 1936年市制。 1951年深田村の一部,1953年八幡村,長谷村の2村,1954年沼田西村,小泉村,沼田東村の3村,1956年幸崎町と高坂村,鷺浦村の2村をそれぞれ編入。 2005年本郷町,久井町,大和町の3町と合体。中心市街地の三原は沼田川の三角州に位置し,古くから山陽道の交通の要地で,天正 10 (1582) 年小早川氏の築城以来,城下町として発展。沼田川の工業用水に恵まれ,干拓地に 1920年代後半以降,大企業の工場が進出し,特に化学繊維の大工場が立地して工業都市へと脱皮。 1963年備後工業整備特別地域に指定され,繊維,セメント,産業機械,食品などの工業が発達。伝統の酒造業も行なわれる。北部の農村部では米作や畜産,モモなどの果樹栽培が行なわれる。三原城跡 (小早川氏城跡,史跡) ,米山寺 (べいさんじ) ,仏通寺などの古刹がある。市域の一部は瀬戸内海国立公園竹林寺用倉山県立自然公園仏通寺御調八幡宮県立自然公園に属する。久井の岩海,ナメクジウオ生息地,沼田西のエヒメアヤメ自生南限地帯は天然記念物。南部を山陽新幹線,JR山陽本線,呉線,国道2号線,185号線,432号線などが通じる。西部に広島空港がある。面積 471.55km2。人口 9万6194(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みはら‐し【三原市】

三原

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

三原市の関連キーワード広島県三原市鷺浦町向田野浦広島県三原市沼田東町釜山広島県三原市沼田東町片島広島県三原市沼田西町惣定広島県三原市沼田東町末広広島県三原市沼田西町松江広島県三原市沼田東町末光広島県三原市本郷町上北方広島県三原市沼田東町両名広島県三原市沼田東町本市広島県三原市沼田西町小原広島県三原市沼田東町七宝広島県三原市八幡町垣内広島県三原市八幡町野串広島県三原市八幡町本庄広島県三原市八幡町屋中広島県三原市本郷町船木広島県三原市八幡町美生広島県三原市鷺浦町須波広島県三原市須波ハイツ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三原市の関連情報