コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリヤーク語 コリヤークご

3件 の用語解説(コリヤーク語の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コリヤーク語【コリヤークご】

コリヤーク族の言語。ヌムラン語とも。旧アジア諸語に属し,チュクチ語カムチャダール語とともにチュクチカムチャツカ語族を形成する。半定住民と遊牧民とは方言が異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コリヤークご【コリヤーク語 Koryak】

チュクチ・カムチャツカ語族に属し,カムチャツカ半島の基部を中心に約6000の話し手がいる。地理的にはチュクチ語カムチャダール語の中間に位置するが,言語の親近性ではチュクチ語に近く,これと基本的な構造上の特徴を共有している。トナカイ遊牧のコリヤーク族と海岸定住のコリヤーク族では言語差がかなり大きい。チュクチ語同様,1930年代に文字がつくられたが,今日その使用はきわめて限られている。【宮岡 伯人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリヤーク語
こりやーくご
Koryak

チュクチ・カムチャツカ語族に属し、カムチャツカ半島の付け根部を中心に約6000人の話し手がいる。地理的にはチュクチ語とカムチャダール語の中間に位置するが、言語の親近性ではチュクチ語にはるかに近く、基本的な特徴を共有。チュクチ語同様、1930年代に文字がつくられたが、今日その使用はきわめて限られている。[宮岡伯人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コリヤーク語の関連キーワードカムチャツカ半島むちむち無茶苦茶千島カムチャツカ海溝茶茶むちゃくПетропавловск-Камчатскийクリュチェフスカヤ山Паратункаカムチャツカ岩

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone