コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリヤーク語 コリヤークご

3件 の用語解説(コリヤーク語の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コリヤーク語【コリヤークご】

コリヤーク族の言語。ヌムラン語とも。旧アジア諸語に属し,チュクチ語カムチャダール語とともにチュクチカムチャツカ語族を形成する。半定住民と遊牧民とは方言が異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コリヤークご【コリヤーク語 Koryak】

チュクチ・カムチャツカ語族に属し,カムチャツカ半島の基部を中心に約6000の話し手がいる。地理的にはチュクチ語カムチャダール語の中間に位置するが,言語の親近性ではチュクチ語に近く,これと基本的な構造上の特徴を共有している。トナカイ遊牧のコリヤーク族と海岸定住のコリヤーク族では言語差がかなり大きい。チュクチ語同様,1930年代に文字がつくられたが,今日その使用はきわめて限られている。【宮岡 伯人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリヤーク語
こりやーくご
Koryak

チュクチ・カムチャツカ語族に属し、カムチャツカ半島の付け根部を中心に約6000人の話し手がいる。地理的にはチュクチ語とカムチャダール語の中間に位置するが、言語の親近性ではチュクチ語にはるかに近く、基本的な特徴を共有。チュクチ語同様、1930年代に文字がつくられたが、今日その使用はきわめて限られている。[宮岡伯人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone