コリヤーク語(読み)コリヤークご

世界大百科事典 第2版の解説

コリヤークご【コリヤーク語 Koryak】

チュクチ・カムチャツカ語族に属し,カムチャツカ半島の基部を中心に約6000の話し手がいる。地理的にはチュクチ語カムチャダール語の中間に位置するが,言語の親近性ではチュクチ語に近く,これと基本的な構造上の特徴を共有している。トナカイ遊牧のコリヤーク族と海岸定住のコリヤーク族では言語差がかなり大きい。チュクチ語同様,1930年代に文字がつくられたが,今日その使用はきわめて限られている。【宮岡 伯人】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリヤーク語
こりやーくご
Koryak

チュクチ・カムチャツカ語族に属し、カムチャツカ半島の付け根部を中心に約6000人の話し手がいる。地理的にはチュクチ語とカムチャダール語の中間に位置するが、言語の親近性ではチュクチ語にはるかに近く、基本的な特徴を共有。チュクチ語同様、1930年代に文字がつくられたが、今日その使用はきわめて限られている。[宮岡伯人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android