コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリント書 コリントショ

2件 の用語解説(コリント書の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コリントしょ【コリント書】

コリント人(びと)への手紙

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリント書
こりんとしょ

新約聖書』に含まれているパウロの手紙のうち、2通がこの名称でよばれる。別名「コリント(びと)への手紙」。コリントKrinthosは古くから栄えたギリシアの商業都市。パウロはここに教会をつくり、他の土地へ移ったのちも、諸問題を配慮しながら、手紙を送り続けた。第一の手紙は、コリント教会に生じている党派的紛争や不品行を戒め、さらに、婚姻の是非など種々の実践的問題の解決を示唆する。それに比べると、コリント教会における反パウロ的策動との闘いのなかから生み出された第二の手紙は、やや統一性を欠き、全体としてパウロの使徒的権威を確立することを目ざしている。第二の手紙の複合的性格は、19世紀以来指摘されてきたが、単一の手紙ではないとしても、どのような手紙からなっているのかということについては定説がない。第一の手紙を、52~55年のエペソ(エフェソス)滞在中に執筆されたものと考えるとすれば、現在の形での第二の手紙は、それより少しあとに、エペソかマケドニアで執筆されたことになる。[土屋 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コリント書の関連キーワードコリント人への手紙ガラテヤ人への手紙私書愛は惜しみなく与う

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone