コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルネイチュク Korneichuk, Aleksandr Evdokimovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルネイチュク
Korneichuk, Aleksandr Evdokimovich

[生]1905.5.25. ウクライナ,フリスチノフカ
[没]1972.5.14. モスクワ
ソ連の劇作家。革命を題材にした『艦隊の滅亡』 Gibel' Eskadry (1933) ,外科医を通してソ連の知識階級を描いた『プラトン・クレチェット』 Platon Krechet (34) ,ウクライナの民族的英雄を扱った『ボクダン・フメリニーツキー』 Bogdan Khmel'nitskii (39) などが代表作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コルネイチュク(Aleksandr Evdokimovich Korneychuk)

[1905~1972]ソ連の劇作家。ウクライナの民族色が豊かな作品で有名。作「プラトン‐クレチェット」「ボグダン‐フメリニツキー」「戦線」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルネイチュク
こるねいちゅく
Александр Евдокимович Корнейчук Aleksandr Evdokimovich Korneychuk
(1905―1971)

ソ連の劇作家。ウクライナ出身。1925年短編作家としてデビュー、のち劇作に転じ、反革命軍と英雄的に闘う民衆を題材とした『艦隊の滅亡』(1933)、民衆出の新しい知識人を扱った『プラトン・クレチェット』(1934)で広く世に認められた。おもな作品に史劇『ボグダン・フメリニツキー』(1939)、『戦線』(1942)、『マカール・ドゥブラーワ』(1948)があり、喜劇も書いたが、激動する現実を主題としたものが多く、方法的には社会主義リアリズムを基調にしている。とはいえ図式に陥ることなく、主題に即して多彩な手法がとられ、古典文学の伝統、ウクライナの豊かな地方色、民話の形象、民衆のユーモアが巧みに生かされている。[柳 富子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コルネイチュクの関連キーワードワンダ ワシレフスカヤワシレーフスカヤワシレフスカヤフメリョーフロシア演劇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android