コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロナ観測所 コロナかんそくじょcorona observatory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロナ観測所
コロナかんそくじょ
corona observatory

気象条件がよく大気層の薄い高山山頂で,コロナ観測用の特殊望遠鏡であるコロナグラフを備えた天文台。 1930年フランスの B.リオにより,ピレネー山中のピク・デュ・ミディ (2860m) に建てられたのが最初。その他スイスのアローザ,ドイツのベンデルシュタイン,オーストリアのカンツェルヘーエ,アメリカのクライマックス,サクラメントピーク,日本の乗鞍山摩利支天岳 (2876m) の計7ヵ所で規則正しい観測が行われている。いずれも大気による散乱を避けた山頂に建てられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コロナ観測所【コロナかんそくじょ】

太陽コロナの状況を常時観測することのできる観測所。観測にはコロナグラフを利用するが,コロナの光度が低いため空気中の塵埃(じんあい)等による散乱光により消されてしまうので,空気が希薄で清浄な高山に設置される。
→関連項目クライマックス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コロナかんそくじょ【コロナ観測所 corona observatory】

皆既日食時以外でも,太陽コロナの観測をすることができる観測所。地球大気による散乱光の少ない空気の澄んだ高山に設けられる(表)。コロナグラフを使ってコロナ特有の輝線の強さを測ったり,コロナ光の偏光を測り,コロナ中の温度や密度などを求め,コロナの物理的構造を調べている。日本では,乗鞍岳の一峰摩利支天岳山頂に文部省国立天文台付置の乗鞍コロナ観測所がある。【日江井 栄二郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コロナ観測所の関連キーワードクライマックス(アメリカ合衆国)池谷=関彗星東京天文台萩原 雄祐天体望遠鏡上田 穣萩原雄祐

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コロナ観測所の関連情報