コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロナ観測所 コロナかんそくじょ corona observatory

3件 の用語解説(コロナ観測所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロナ観測所
コロナかんそくじょ
corona observatory

気象条件がよく大気層の薄い高山山頂で,コロナ観測用の特殊望遠鏡であるコロナグラフを備えた天文台。 1930年フランスの B.リオにより,ピレネー山中のピク・デュ・ミディ (2860m) に建てられたのが最初。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コロナ観測所【コロナかんそくじょ】

太陽コロナの状況を常時観測することのできる観測所。観測にはコロナグラフを利用するが,コロナの光度が低いため空気中の塵埃(じんあい)等による散乱光により消されてしまうので,空気が希薄で清浄な高山に設置される。
→関連項目クライマックス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コロナかんそくじょ【コロナ観測所 corona observatory】

皆既日食時以外でも,太陽コロナの観測をすることができる観測所。地球大気による散乱光の少ない空気の澄んだ高山に設けられる(表)。コロナグラフを使ってコロナ特有の輝線の強さを測ったり,コロナ光の偏光を測り,コロナ中の温度や密度などを求め,コロナの物理的構造を調べている。日本では,乗鞍岳の一峰摩利支天岳山頂に文部省国立天文台付置の乗鞍コロナ観測所がある。【日江井 栄二郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コロナ観測所の関連キーワード皆既食金環食コロナグラフリヨロッキャーコロナホール皆既日食・皆既日蝕皆既日食7月22日の皆既日食皆既日食と十島村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コロナ観測所の関連情報