コロンボ・プラン(英語表記)Colombo Plan

世界大百科事典 第2版の解説

コロンボ・プラン【Colombo Plan】

コロンボ計画ともいう。1950年1月にセイロン(スリランカ)で開催されたイギリス連邦外相会議により設立が決定された経済協力機構であり,本来,イギリス連邦の枠内で域内先進国からの資金拠出を基盤に,資金的,技術的に域内(南アジア,東南アジア)発展途上国を援助し,その経済開発を促進しようとしたものである。組織としては,最高意思決定機関の協議委員会(年1回年次会議を開催)と,その下部機関としての技術協力審議会(援助計画の実施機関で,スリランカ駐在の各国代表により2~3ヵ月ごとに開催),および事務局(コロンボ)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android