コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロンボ計画 コロンボけいかく Colombo Plan for Cooperative Economic Development in South and South-East Asia

3件 の用語解説(コロンボ計画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロンボ計画
コロンボけいかく
Colombo Plan for Cooperative Economic Development in South and South-East Asia

1950年1月にセイロン (現スリランカ) の首都コロンボ開かれたイギリス連邦諸国の外相会議で提唱され,51年7月 12日発足した「南および東南アジアの共同経済開発のための計画」。当初の参加国はイギリス連邦諸国だけで,農業,運輸,通信,電力,鉱工業に重点をおく総額 18億 6800万ポンドを必要とする6ヵ年計画として発足。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コロンボ‐けいかく〔‐ケイクワク〕【コロンボ計画】

Colombo Plan南アジアや東南アジア地域の経済開発を推進することを目的とする経済協力機構。1950年コロンボで開かれた英連邦外相会議で提唱され、翌年発足。日本は1954年(昭和29)加盟。コロンボプラン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロンボ計画
ころんぼけいかく
Colombo Plan

アジア・太平洋地域諸国における経済・社会開発を推進することを目的とする経済協力機構。1950年1月セイロン(現スリランカ)のコロンボで開催されたイギリス連邦外相会議で設立が合意されたもので、同年9月のロンドン会議でイギリス連邦諸国の経済開発計画が「南および東南アジアにおける協力的経済開発のためのコロンボ計画」として一つの報告にまとめられ、以後この経済協力機構はコロンボ計画(コロンボ・プラン)とよばれるようになった。翌1951年1月活動を開始したが、当初はイギリス連邦内の経済協力機構として構想されたため、加盟国はイギリス連邦内7か国であった。その後アメリカ、日本、東南アジアの国々が加わり、2009年現在26か国が加盟している。運営機関としては最高政策決定機関の協議委員会があり、加盟各国が相互に協議協力して、二国間協定に基づいて援助が行われるのを特色とする。人的資源の開発を中心に、農業、運輸・通信、社会施設などの援助、国家開発プロジェクトに対する資金援助、穀物・肥料などの商品援助、機械・輸送機器などの資本援助、および留学生・技術研修員の受け入れ、技術指導専門家・協力隊員の派遣、技術機材の供与などの技術援助が実施されている。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコロンボ計画の言及

【コロンボ・プラン】より

…コロンボ計画ともいう。1950年1月にセイロン(現,スリランカ)で開催されたイギリス連邦外相会議により設立が決定された経済協力機構であり,本来,イギリス連邦の枠内で域内先進国からの資金拠出を基盤に,資金的,技術的に域内(南アジア,東南アジア)発展途上国を援助し,その経済開発を促進しようとしたものである。…

※「コロンボ計画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コロンボ計画の関連キーワードスリランカセイロンタミルスリジャヤワルダナプラコッテ錫蘭セイロン茶セイロン島スリランカの愛と別れコロンボ・プランスリランカ・タミル人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コロンボ計画の関連情報