コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コングロマリット こんぐろまりっと

9件 の用語解説(コングロマリットの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コングロマリット

複合企業。多種の業種・企業を統合してできた巨大企業集団のこと。近年盛んなM&Aなどを通じて、企業の多角化が進んでいる。技術も市場も異なるような、いわゆる畑違いな事業に参画するために行なわれる、非関連多角化の企業統合形態を指す。主に企業買収によって、自社にはない事業やノウハウを手っ取り早く取得できるという利点から増加している。インターネット関連企業がファイナンスを買収し、金融事業を運営しているのはこの一例と言えるだろう。ただ、収益の非効率化なども言われており、今後さらに増えるかどうかは不透明な情勢である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

コングロマリット

技術的にも、市場的にも互いに関連性のない事業の集合から形成される複合企業コングロマリットと呼ぶ。これは無関連の企業や事業の吸収合併という非関連的多角化によってもたらされる無関連事業型企業(unrelated business firm)で、当該企業の最大事業の売上高が企業の総売上高の70%未満であって、それぞれの事業間になんの関連性も見いだされない企業である。これは、1960年代の米国において独占禁止政策が強く、事業間に関連性のある関連的多角化が抑制されていたことを背景に進展した。こうした背景のもとに急速に広がったコングロマリットは、企業業績の悪化を免れず、見直しが進められ再び売却、撤退の道がとられた。 経済的利益の源泉とならないコングロマリット型合併、すなわち戦略的関連性(技術の経済性、金銭上の経済性、多角化の経済性を源泉とする)のないM&A(合併・買収)は、今日では急速に影を潜めている。その意味では、非関連的なM&Aの買収ゲームに対する資本市場の評価は、否定的なものになっているといえる。

(高橋宏幸 中央大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コングロマリット(conglomerate)

相互に関連のない異業種部門の企業を次々と買収・合併し、多角的経営を営む巨大企業。複合企業。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コングロマリット

複合企業。相互に関連のない異業種を多数兼営する企業形態。高収益で将来性ある会社を株式買占めなどで買収するのが通例。特に米国では独占禁止政策により同一業種の合併が困難なこと,第3次産業の発達などを背景に1950年代から1960年代末に活発化した。
→関連項目シェラトン・ホテルゼネラル・エレクトリック[会社]USラインリットン・インダストリーズ[会社]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

コングロマリット

全く業種の異なる企業のM&A(吸収合併)を繰り返すことにより、急速に巨大化した多角経営企業のこと。複合企業、集塊企業ともいわれる。1960年代に米国でブームになった。G&W(ガルフアンドウエスタン)I.T.T、Litton Industriesなどが有名。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コングロマリット【conglomerate】

1960年代にアメリカに登場した新しい形態の複合企業。もともとは,歴史の浅い小さな無名の企業が,大規模だが経営内容が悪く,株価は低いが含み資産の大きい企業の株式を,株式市場において買い占め,経営権を取得するといった行動をつぎつぎに行い,異業種の複合企業を形成したのが,コングロマリットの始まりである。しかも,複合化によるメリットを戦略的に狙い,企業規模加速度的に拡大していく。こうしたコングロマリットが登場するに及んで,ゼネラルエレクトリック社(GE)やテキストロン社Textron Inc.など一部の大企業がその戦略を模倣し,コングロマリット化するに至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コングロマリット【conglomerate】

業種の異なる企業間の合併や買収によって成立した、多業種間にまたがる巨大企業。複合企業。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コングロマリット
コングロマリット
conglomerate

自社の業種と関係のない異なる業種の企業を買収,合併して巨大化,多角化していく企業をさし,複合企業ともいう。 1960年代のアメリカではこうしたコングロマリットの活動が目立った。当時の代表的なコングロマリットにはITT (インターナショナル・テレフォン・アンド・テレグラフ) ,リットン・インダストリーズテキストロンなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コングロマリット
こんぐろまりっと
conglomerate

名詞としては「集塊」、動詞としては「凝集する」といった意味をもち、もともと地質学で用いられた用語だが、1960年代になって、経済学、経営学の分野でも盛んに用いられるようになり、一般的には、企業活動が相互に関連のないいくつもの異なった産業部門にまたがっていること、ないしはそのような企業結合体をさす。冬の暗い北大西洋で船を海底に引き込む大タコを表す「八足海獣」の意味もある。1980年代以降は「複合企業」multi-business、ないし「多業種企業」multi-industryなどと表現されることも多い。[佐藤定幸・奥村皓一]

合併の形態

アメリカ連邦取引委員会(FTC)は、企業の買収・合併(M&A)の形態として、(1)水平合併horizontal merger、(2)垂直合併(垂直統合)vertical merger、(3)コングロマリット的合併、の三つをあげている。
 水平合併とは、同一製品市場、同一地理的市場内において競争関係にある企業間の合併(たとえば、ワシントン市内における二つの牛乳販売会社の合併)であり、垂直合併(垂直統合)とは、同一産業において生産段階が異なるため、競争関係にない企業どうしの合併(たとえば、アルミニウム地金製造会社とアルミニウム製品製造会社との合併)である。
 これに対してコングロマリット的合併は、それ以外のあらゆる形態の合併を含むが、それはさらに(1)地理的市場拡大的合併、(2)製品拡大的合併、(3)「その他」ないしは「純粋の」コングロマリット的合併、の三つに分類される。「地理的市場拡大的合併」は、同一製品を異なる地域的(経済的)市場で生産・販売する企業の合併(たとえば、シカゴの牛乳製造会社とニューヨークの牛乳製造会社との合併)である。「製品拡大的合併」は、生産および(ないしは)配給において機能的には関係しているが互いに競争関係にはない製品を販売している企業間の合併(たとえば、液体牛乳会社とアイスクリーム会社との合併)であり、「その他」ないしは「純粋の」コングロマリット的合併は、上記以外の合併(たとえば、国際通信会社のレンタカー会社買収、鉄道会社とタイヤ製造会社との合併など)である。
 1980年代に入って、巨大資本や巨大銀行が事業部門、金融部門を越えた買収・合併を遂行するようになると(アミューズメントと通信・放送、投資銀行と商業銀行など)、こうした企業結合にもコングロマリットという表現が使われる例が多くなった。[佐藤定幸・奥村皓一]

コングロマリット全盛時代

アメリカは1960年代に史上三度目の巨大な合併運動期(第1期は1890~1910年、第2期は1920~30年ごろ)を迎えたが、そのなかでコングロマリット的合併、とくに「その他」ないしは「純粋の」コングロマリット的合併が盛んになった。すなわち、1948年から51年までの大型合併のうちコングロマリット的合併が占める比率は37.5%にすぎず、とくに「その他」の比率はほとんどゼロに等しかったが、68年になると全体として合併数が増加したなかで、コングロマリット的合併の比率は88.5%にまで上昇するとともに、そのうちの「その他」の比率も43.6%に増大した。こうした「その他」ないしは「純粋の」コングロマリット的合併が盛んになったのは、反トラスト法によって水平的合併、垂直的合併のみならず、地理的市場拡大的および製品拡大的なコングロマリット的合併がますます困難になったためであるが、主たる要因は企業を安く買収して、高く転売する経営手法にあった。
 1960年代のコングロマリット全盛期に出現した合併の戦略的ねらいは、1株当りの利益の増加、株価上昇を最優先した金融志向の合併であり、既存の事業部門に買収が適合するか否かは第二義とされた。たとえば、ガルフ・アンド・ウェスタン(1989年パラマウント・ピクチャーズに社名変更)のコングロマリット型合併にみられたおもな手法は、企業を株式交換で割安で買収したうえ、別の企業にこれを高値で売却し、その売買益を稼ごうとするものであった。
 コングロマリット的買収・合併のスター的企業として1960年代に注目を浴びたのは、ガルフ・アンド・ウェスタン、リットン・インダストリーズ、ITT、テレダインなど新興企業群であったが、GE(ゼネラル・エレクトリック)のような一部の巨大エスタブリッシュメント企業もその戦略を模倣し、コングロマリット型M&Aに資本を活用するようになった。[佐藤定幸・奥村皓一]

コングロマリットから多角企業へ

その後コングロマリットはアメリカ内外での批判が強まり、「八足海獣」(コングロマリット)の横行はアメリカ産業の退廃的側面の代名詞とされたが、アメリカの金融界はこれを支持し、大手商業銀行や投資銀行、証券業者も買収資金の提供などで積極的に支援し、見返りとして莫大(ばくだい)な金融利益を得た。そのなかでも、新興コングロマリットのリアスコが株価の投機的値上りを活用して、ニューヨークのマネーセンター銀行の敵対的TOB(株式公開買付)に乗り出し、ウォール街を恐怖に陥れた(マネーセンター銀行とは、国際基軸通貨であるドルの管理運営をも受け持つアメリカの中枢的国際商業銀行の総称)。
 しかし、金融志向のコングロマリット的合併は、買収に際し社債や優先株を発行して買収資金を賄うケースが多く、企業の財務構造は買収活動が活発化するにつれて悪化していった。つまり、長期負債と優先株の累積に伴う利子と配当負担が、長期にわたって財務悪化を招いたのである。こうなると事態は一変し、当時のコングロマリットの代表格LTV(鉄鋼メーカー)は、1968年に大幅減益、69年に大幅赤字に転じた。優良コングロマリットの代表格とされたITTも、財務指標悪化の一途にあった。69年から70年にかけて、多くのコングロマリット企業は減益、赤字、流動性危機に陥り、業績不振と株価低迷により花形企業の舞台から姿を消した。
 そこで、一部の企業は1960年代末に買収した不振部門を売却のうえ、関連の深い事業に絞り込んで生き残りを図った。既存巨大企業にもこの手法が受け継がれ、GEが関連する多業種への展開を70年代初頭から開始すると、75年以降はGM、AT&T、エクソン、IBMなどが追随した。1980年代に入ってからも、デュポンのコノコ合併、USスチールのマラソン石油合併など、超大型コングロマリット的合併があったが、独占禁止法規制から合併が困難な場合は、新成長事業へと転換していく戦略的合併をとる企業が増えた。このような企業に対して、1970年代以降は「多角企業」というカテゴリーが加えられた。
 巨大企業が新成長分野を取り込んで世界的規模での成長戦略を志向するようになって、レーガン、ブッシュ、クリントンの各政権下で次第に独占禁止法が緩和された。業界の垣根を越えた巨大資本間の買収・合併に対する規制も緩和、ないしは撤廃されるに至り、1970年代に設けられた巨大銀行やビッグビジネスの支配領域拡大に対する規制緩和、独占禁止法適用除外が認められるようになった。とくに1996年の電気通信法の制定では、通信、コンピュータ、放送メディア、アミューズメントの垣根が取り払われ、通信の王者AT&TはCATVの約60%を買収し、新独占new monopolyを形成した(後に分割)。また99年のグラス‐スティーガル法(1933年銀行法)の実質撤廃によって、商業銀行・投資銀行(証券)・保険の大合同も可能となり、同年4月銀行持株会社のシティコープはトラベラーズと合併して巨大総合金融機関のシティグループを発足させた。これらの新合併企業をさして「通信メディア・コングロマリット」「金融コングロマリット」などと称されるが、「メガメディア」「金融スーパーマーケット」という呼び方も使われる。1960年代に急成長を遂げた新興企業が演出したコングロマリットは、現代産業界の表舞台を去り、新型独占に向けた巨大企業の多角化事業展開に性格をかえて活用されている。[奥村皓一]
『佐藤定幸著『コングロマリット』(1969・毎日新聞社) ▽佐藤定幸著『世界の大企業』第2版(1976・岩波書店) ▽松井和夫・奥村皓一著『米国の企業買収・合併』(1987・東洋経済新報社) ▽佐藤定幸著『20世紀末のアメリカ資本主義』(1993・新日本出版社) ▽奥村皓一著『国際メガメディア資本――M&Aの戦略と構造』(1999・文眞堂) ▽奥村宏著『企業買収――M&Aの時代』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコングロマリットの言及

【レキ岩(礫岩)】より

…直径2mm以上の砕屑物質をレキ(礫)といい,レキが基質によって膠結(こうけつ)されたものがレキ岩である。レキ岩は堆積岩の一種である。基質には砂,泥,石灰質物質やケイ質物質がある。レキの割合が50%以上を占めるものをレキ岩といい,それ以下の場合にはレキ質と呼ぶが,野外ではレキの割合が数十%以上のものはレキ岩に含めていることが多い。日本にはレキ岩がよく発達していて,ほとんどが砂質基質からなる。レキ種が1種のときは単成(単元)レキ岩,2種以上のときは複成(多元)レキ岩という。…

※「コングロマリット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コングロマリットの関連キーワード更年期複合企業柄にもない技術的心にもない照応互い先御互いに口にも筆にも尽くせない刺違え

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コングロマリットの関連情報