コングロマリット(英語表記)conglomerate

翻訳|conglomerate

デジタル大辞泉 「コングロマリット」の意味・読み・例文・類語

コングロマリット(conglomerate)

相互に関連のない異業種部門の企業を次々と買収・合併し、多角的経営を営む巨大企業複合企業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「コングロマリット」の意味・読み・例文・類語

コングロマリット

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] conglomerate 「集塊」の意 ) 企業が主として合併により、ほとんど当初の本業とは無関係な事業を数多く支配する企業型態。アメリカにおいて一九六〇年代に数多くみられるようになった。複合企業。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「コングロマリット」の意味・わかりやすい解説

コングロマリット
conglomerate

1960年代にアメリカに登場した新しい形態の複合企業。もともとは,歴史の浅い小さな無名の企業が,大規模だが経営内容が悪く,株価は低いが含み資産の大きい企業の株式を,株式市場において買い占め,経営権を取得するといった行動をつぎつぎに行い,異業種の複合企業を形成したのが,コングロマリットの始まりである。しかも,複合化によるメリットを戦略的に狙い,企業規模を加速度的に拡大していく。こうしたコングロマリットが登場するに及んで,ゼネラルエレクトリック社(GE)やテキストロン社Textron Inc.など一部の大企業がその戦略を模倣し,コングロマリット化するに至った。日本では,コングロマリットをもっぱら大企業の複合的事業展開の形態とみる見解があるが,これは誤りである。

 本来的形態のコングロマリットは,中小企業資金を調達し,株式市場で特定企業の株式を買い占めることで形成される。すなわち,経営者の能力に問題があって業績が悪く,株価が低く,しかも含み資産の大きい大企業の株式を買い占める。経営権を取得するに必要な株数以上に大量に買い占めれば,当然に株価が上昇する。そこで,経営権を行使しうるに十分な持株のみを留保し,他は市場で売却する。したがって,結果的に,きわめて少額の資金で経営権を入手することができる。たとえば,株式市場で特定企業の株式の40%を買い占めると,当然に株価は上昇する。かりに株価が2倍に上昇したとして,その時点で持株の半分を売却する。20%の持株があれば経営権は取得できるから,この場合には無償で経営権を取得したことになる。このようにしてつぎつぎに大企業の経営権を取得し,同時に複合化のメリットをあげていく。こうしたコングロマリットの行動は,いわば企業の乗っ取りにほかならない。日本では乗っ取りは罪悪視されがちであるが,前記のやり方は,株式市場を通じて合法的に経営権を取得するわけであるから,必ずしも非難されるべきこととはいえない。むしろ,無能な経営者を追放し,有能な人材を経営陣に送り込んで企業を活性化するから,乗っ取りはいわば経営刷新運動として評価される側面を有している。このような代表例としては,テレダイン社Teledyne,Inc.やLTV社があげられる。テレダイン社は,1960年代に創設され,ベンチャー・キャピタルベンチャー・ビジネス)であるアーサー・ロック社から投資を受けるとともに生命保険会社を乗っ取り,ついで当該生命保険会社の資金を活用してつぎつぎに大企業の経営権を取得した。その結果,数年にして《フォーチュン》誌の全米上位500社にランクされる企業にまで拡大した。こうした企業戦略を構想したのはG.コズメツキーであるが,彼はその後テキサス大学オースティン校の経営学部長になった。

 このようにして,60年代にコングロマリットがつぎつぎに登場するが,その経済的・社会的背景を一言でいえば,アメリカ型の成熟経済下の現象であろう。一方では,社会的に遊休資金が拡大する。私的な年金基金などが膨大に蓄積されるが,投資機会は限られてくる。しかも,インフレーション下では金融資産の目減りが進む。こうなると,資産の一部をリスク・キャピタルとして運用し,高い利回りを期待することになる。こうした資金がコングロマリットやベンチャー・ビジネスに流れ込むのである。他方,高学歴化の進展に伴い,優秀な若い人材が大量に蓄積されるようになる。彼らは,管理されることを好まず,すでに確立している大企業を離れて,能力を発揮する場としてコングロマリットやベンチャー・ビジネスの形成に取り組む。既存企業の経営刷新を望む人材はコングロマリットを指向し,新技術の開発などによって新企業をおこすことを望む人材はベンチャー・ビジネスをスタートさせる。いずれも,企業家的人材がゲーム的感覚をもって思い切った事業展開を行うから,既存大企業の存立がおびやかされると同時に,皮肉にも大企業の経営刷新が可能になる。しかし,乗っ取られる側の一部の大企業にとってはコングロマリットの発展は脅威であり,そうした大企業の働きかけによって60年代末には,独占禁止の立場からコングロマリットの展開に一定の制限が設けられるようになった。

 以上のようにコングロマリットは,特殊アメリカ的な企業形態であり,たんに多部門を関連なく複合した大企業ではない。したがって,日本の総合商社とは本質的に性格を異にしている。社会的に遊休資金がアメリカほど蓄積されておらず,また優秀な企業家的人材のモビリティが小さく,かつ,企業の乗っ取りが罪悪視される日本では,本来的なコングロマリットは形成されにくい。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「コングロマリット」の意味・わかりやすい解説

コングロマリット

複合企業。相互に関連のない異業種を多数兼営する企業形態。高収益で将来性ある会社を株式買占めなどで買収するのが通例。特に米国では独占禁止政策により同一業種の合併が困難なこと,第3次産業の発達などを背景に1950年代から1960年代末に活発化した。ITTなどが好例である。しかし,M&Aを通じての短期的利益の追求により,製造業の空洞化につながったとの指摘もある。conglomerateの原意は礫(れき)岩。
→関連項目シェラトン・ホテルゼネラル・エレクトリック[会社]USラインリットン・インダストリーズ[会社]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

知恵蔵 「コングロマリット」の解説

コングロマリット

技術的にも、市場的にも互いに関連性のない事業の集合から形成される複合企業をコングロマリットと呼ぶ。これは無関連の企業や事業の吸収合併という非関連的多角化によってもたらされる無関連事業型企業(unrelated business firm)で、当該企業の最大事業の売上高が企業の総売上高の70%未満であって、それぞれの事業間になんの関連性も見いだされない企業である。これは、1960年代の米国において独占禁止政策が強く、事業間に関連性のある関連的多角化が抑制されていたことを背景に進展した。こうした背景のもとに急速に広がったコングロマリットは、企業業績の悪化を免れず、見直しが進められ再び売却、撤退の道がとられた。 経済的利益の源泉とならないコングロマリット型合併、すなわち戦略的関連性(技術の経済性、金銭上の経済性、多角化の経済性を源泉とする)のないM&A(合併・買収)は、今日では急速に影を潜めている。その意味では、非関連的なM&Aの買収ゲームに対する資本市場の評価は、否定的なものになっているといえる。

(高橋宏幸 中央大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典 「コングロマリット」の解説

コングロマリット

複合企業。多種の業種・企業を統合してできた巨大企業集団のこと。近年盛んなM&Aなどを通じて、企業の多角化が進んでいる。技術も市場も異なるような、いわゆる畑違いな事業に参画するために行なわれる、非関連多角化の企業統合形態を指す。主に企業買収によって、自社にはない事業やノウハウを手っ取り早く取得できるという利点から増加している。インターネット関連企業がファイナンスを買収し、金融事業を運営しているのはこの一例と言えるだろう。ただ、収益の非効率化なども言われており、今後さらに増えるかどうかは不透明な情勢である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のコングロマリットの言及

【レキ岩(礫岩)】より

…直径2mm以上の砕屑物質をレキ(礫)といい,レキが基質によって膠結(こうけつ)されたものがレキ岩である。レキ岩は堆積岩の一種である。基質には砂,泥,石灰質物質やケイ質物質がある。レキの割合が50%以上を占めるものをレキ岩といい,それ以下の場合にはレキ質と呼ぶが,野外ではレキの割合が数十%以上のものはレキ岩に含めていることが多い。日本にはレキ岩がよく発達していて,ほとんどが砂質基質からなる。レキ種が1種のときは単成(単元)レキ岩,2種以上のときは複成(多元)レキ岩という。…

※「コングロマリット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android