コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンス Constans, Flavius Julius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンス
Constans, Flavius Julius

[生]323頃
[没]350. ガリア
ローマ皇帝 (在位 337~350) 。コンスタンチヌス1世 (大帝) の第4子。父の死後,コンスタンチヌス2世,コンスタンチウス2世と共同で統治し,イタリア,アフリカ,イリュリクムを支配。 340年ヒスパニア,ガリア,ブリテンを支配していた兄のコンスタンチヌス2世がイタリアに侵入,これを撃退して兄を敗死させ,西方を支配,フランクを破る。カトリックを保護し,アリウス派や異教を弾圧した。帝位僭称者 F.マグネンチウスに殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コンスタンス【Flavius Julius Constans】

320ころ‐350
ローマ皇帝。在位,副帝333‐337年,正帝337‐350年。コンスタンティヌス1世の第4子。コンスタンティノポリスでギリシア,ラテンの教育をうけ,父帝死後兄弟と共に正帝としてイタリア,アフリカなどを統治。340年兄のコンスタンティヌス2世を殺し,西方唯一の皇帝となる。343年ブリタニアに渡ったが,これがローマ皇帝がこの地に足をふみ入れた最後となった。ガリアのマグネンティウスの反乱のために殺された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコンスタンスの言及

【マグネンティウス】より

…在位350‐353年。蕃族の出身でローマ軍に入隊して頭角を現して将軍となったが,350年,アウグストドゥヌム(現,オータン)で反乱を起こし,コンスタンス帝を殺させ,皇帝を僭称し,ガリアを中心とする帝国西部を支配した。しかし財政政策の失敗,異教徒優遇策などによりコンスタンティウス2世と対立し,351年ムルサの戦に敗れ,2年後,ガリアで自殺した。…

※「コンスタンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンスタンスの関連キーワードコンスタンティヌス[2世]コンスタンティウス(2世)タンクレディ[シチリア王]コンスタンティノス(4世)ジョン・オブ・ゴーントクラウス マインツァージョン・オブ・ゴーントクシシュトフ ザヌーシチャタレー夫人の恋人コンスタンチウス2世チャタレイ夫人の恋人コンスタンチヌス2世コンスタンチヌス4世アマーリエ スクラムペドロ3世(大王)ジョーン ベネットエウゲニウス1世フリードリヒ2世ヘラクリウス朝ウィタリアヌス

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンスタンスの関連情報