コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンス コンスタンス Constans, Flavius Julius

2件 の用語解説(コンスタンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンス
コンスタンス
Constans, Flavius Julius

[生]323頃
[没]350. ガリア
ローマ皇帝 (在位 337~350) 。コンスタンチヌス1世 (大帝) の第4子。父の死後,コンスタンチヌス2世コンスタンチウス2世と共同で統治し,イタリアアフリカイリュリクムを支配。 340年ヒスパニア,ガリア,ブリテンを支配していた兄のコンスタンチヌス2世がイタリアに侵入,これを撃退して兄を敗死させ,西方を支配,フランクを破る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コンスタンス【Flavius Julius Constans】

320ころ‐350
ローマ皇帝。在位,副帝333‐337年,正帝337‐350年。コンスタンティヌス1世の第4子。コンスタンティノポリスでギリシア,ラテンの教育をうけ,父帝死後兄弟と共に正帝としてイタリア,アフリカなどを統治。340年兄のコンスタンティヌス2世を殺し,西方唯一の皇帝となる。343年ブリタニアに渡ったが,これがローマ皇帝がこの地に足をふみ入れた最後となった。ガリアのマグネンティウスの反乱のために殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のコンスタンスの言及

【マグネンティウス】より

…在位350‐353年。蕃族の出身でローマ軍に入隊して頭角を現して将軍となったが,350年,アウグストドゥヌム(現,オータン)で反乱を起こし,コンスタンス帝を殺させ,皇帝を僭称し,ガリアを中心とする帝国西部を支配した。しかし財政政策の失敗,異教徒優遇策などによりコンスタンティウス2世と対立し,351年ムルサの戦に敗れ,2年後,ガリアで自殺した。…

※「コンスタンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コンスタンスの関連キーワードジギスムントテオドシウスコンスタンティヌス[2世]マクシミヌス・ダイアLeopold II(神聖ローマ皇帝)Leopold I(神聖ローマ皇帝)フェデリコ[2世](神聖ローマ皇帝)レオポルト[1世](神聖ローマ皇帝)レオポルド[2世](神聖ローマ皇帝)ローマ皇帝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンスタンスの関連情報