コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンソン諸島 コンソンしょとうCon Son

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンソン諸島
コンソンしょとう
Con Son

別称コンダオ Con Dao諸島。南シナ海南西部にあるベトナム領の島群。メコン川河口の南東沖約 100kmに位置する。 10以上の島から成る。主島コンソン島は石灰岩質の島で,フランス統治時代より 1975年4月のベトナム統一まで悪名高い政治犯収容所があった。タバコ,ナンキンマメ,コーヒーなどの栽培や林業が行われる。本土とは海路で連絡されるほか,ホーチミン市,カントーと空路で結ばれる。面積約 80km2。人口 3300 (1980推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コンソン‐しょとう〔‐シヨタウ〕【コンソン諸島】

Con Son》⇒コンダオ諸島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンソン諸島
こんそんしょとう
Conson

ベトナム南東部、南シナ海に浮かぶ諸島。旧称コンドル諸島。大小12の島からなるが、主島のコンソン島は標高が584メートルあり、古くからコンドル島として知られ、東西交通の船舶の目標とされた。フランス植民地時代以降、政治犯の流刑地として利用され、人々に恐れられた。島ではコーヒー、ヤシ園も開かれ、ホー・チ・ミン市との間に定期航路もある。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コンソン諸島の関連キーワードDJREMO-CONコンダオ諸島八代華代子LOSINDIOSバルメスヤイエルアントイ諸島カットバ島ダウゴー島トゥアンチャウ島

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android