コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンパス座 コンパスざCircinus

翻訳|Circinus

6件 の用語解説(コンパス座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンパス座
コンパスざ
Circinus

1752年,N.ラカイユが新設した南天の星座の一つ。概略位置は赤経 14時 50分,赤緯-63°で,6月末から7月初めの宵に南中するが,日本の本州からは見えない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コンパス‐ざ【コンパス座】

南天の小星座。6月下旬の午後8時ごろ南中するが、日本からは見えない。学名〈ラテン〉Circinus

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

コンパス座【コンパスざ】

南半球の南極に近い星座。日本からは見えない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コンパスざ【コンパス座 Circinus】

略号はCir。天の南極に近い小星座。18世紀にN.L.ラカイユによって創設された。輝星に乏しく,日本では地平線上に昇ることはなく見ることはできない。概略位置は赤経14h50m,赤緯-63゜。午後8時の南中は6月下旬である。【石田 五郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

コンパスざ【コンパス座】

六月下旬の宵に南中する星座。日本からは南の地平線下にあって見えない。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンパス座
こんぱすざ

ケンタウルス座α(アルファ)星の近くにあり、日本から見ることのできない南半球の小星座。3等星のα星以下暗い星ばかりなので人目をひくこともない。18世紀のフランスの天文学者ラカイユが設定した新設星座の一つである。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コンパス座の関連キーワード談義本ナッシュ滑稽本波の伊八飯田口説亀田鵬斎彭城百川銅脈先生鳥居清長ボンヌ図法

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone