コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーチング こーちんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コーチング

必要とするスキルや知識の学習能力を高める育成方法論。人間は自己実現に向かって、主体的に、能動的に行動するという人間観に立つコーチングは、「答えは相手の中にある。コーチの役割は答えを相手から引き出し、目標達成の行動を相手に促すこと」が鉄則とされる。このことからコーチングは知識ではなく、あくまでもコミュニケーション・スキルである。米企業では、部下の業績向上の有効な手段として、管理者にコーチングの習得が求められている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コーチング

企業内のコミュニケーションを円滑化し、社員のやる気を引き出す方法として80年代に米国で登場したとされる。日本では、90年代後半から企業の研修に導入された。話を聞く「傾聴」や、相手を認めること、相手の中から答えを引き出す質問などの手法をとる。

(2006-08-05 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コーチング(coaching)

運動・勉強・技術などの指導をすること。
自分で考えて行動する能力をコーチと呼ばれる相談役との対話の中から引き出す自己改善技術。1990年代に米国で社員育成技法として始まる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

人材マネジメント用語集の解説

コーチング

・coaching
・コーチングとは、人材育成を行う手法の1つである。
・質問型のコミュニケーションを使い、目標に対して相手が取るべき行動を自ら選択することを促す手法であり、自律的な選択により行動を誘発することを実現できる。
・元々、英語の馬車(coach)を意味する言葉であり、そこから人を目的地まで運ぶという意味に派生し、転じて「人を指導する」という意味になった。
・1800年代には、大学で学生に指導する個人教師を「コーチ」と呼ぶようになり、1880年からは、スポーツの世界でも指導者を「コーチ」と呼ばれ、その後ビジネス分野においても浸透するようになった。
・ビジネスの分野で広く活用されるようになった背景には、技術の進歩や環境の激しい現在において企業が自律型人材を求めるようになったことや、マネージャーに部下の能力を引き出す指導者との役割を求められるようになったことが上げられる。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

人事労務用語辞典の解説

コーチング

コーチング(Coaching)とは、コーチとのコミュニケーションを通じて、「個性や特質及びモチベーションを引き出し、本人自身のGOAL実現に向けて自発的行動を促す人間技術」のこと。
(2007/4/16掲載)

出典|『日本の人事部』人事労務用語辞典について | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

コーチング

指導を行う場面で、対象者の自発性を促進するためのコミュニケーションスキルの1つ。組織内におけるコーチングとは、相手と同じ土俵に立ち、効果的な質問を投げ掛けることで、相手の本来の能力や意欲を引き出していくことを目指す。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

コーチング【coaching】

目標を達成するために必要となる能力や行動をコミュニケーションによって引き出すビジネスマン向けの能力開発法。 〔1960年代からアメリカで広まった〕 → コーチ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーチング
こーちんぐ
coaching

相手に質問しながら、その人の潜在能力や問題の解決策を自主的に引き出し、人材開発を進める技術。コーチング専門の資格をもった職業をさす場合もある。もともとはスポーツ界の指導者を意味する用語だったが、ビジネス界でも人材育成の技術(スキル)として幅広く使われるようになった。
 コーチcoachの語源は「馬車の人を乗せる部分」で、ここから「人を望むところへ送り届ける」との意味が派生した。コーチングは自主的行動を促す点で、コンサルティングや相談などとは別物とされる。1980年代に、バスケットボール、フットボール、ゴルフなどプロスポーツの分野でコーチングを体系的技術として理論化する試みが盛んになった。1990年代に入ると、企業の社員教育などの目的で広く普及。1995年にアメリカに国際コーチ連盟International Coach Federationができ、日本でも1999年(平成11)に日本コーチ協会、2002年に日本コーチ連盟が発足した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コーチングの関連キーワードマーシャル ゴールドスミスピエール リトバルスキーフィリッポ・インザーギバウデイール ビエイラデットマル クラマートラッキングシステムチームビルディングKENSHIROコード刺しゅうスポーツ心理学トム バイヤーエニアグラム白糸刺しゅう熊澤枝里子柴原奈津美アップリケストローク一藤木浩恭佐伯夕利子花田香代子

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コーチングの関連情報