コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーンフレーク

4件 の用語解説(コーンフレークの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

コーンフレーク

日本ケロッグ株式会社が販売するシリアルの商品名。コーングリッツなどを原料にしている。牛乳をかけて食べる。

コーンフレーク

カルビー株式会社が販売するシリアルの商品名。とうもろこしなどを原料にしている。牛乳をかけて食べる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

こーんふれーく【コーンフレーク】

牛乳をかけて栄養バランスバッチリ。
 朝食用シリアルとして知られている「コーンフレーク」は、粗(あら)くひいたトウモロコシの粉に、麦芽(ばくが)、砂糖などを混ぜて加熱し、圧力を加えて焼き上げたものです。
 炭水化物たんぱく質ビタミンB1食物繊維などの栄養素を手軽にとれる食品です。朝食には、牛乳をかけて食べるとカルシウムも補給できます。また、やわらかくすれば、離乳食や幼児食としても最適です。
 ただし、不足しがちなビタミンCを補給するためには、サラダくだものなどもいっしょにとりたいものです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーンフレーク
こーんふれーく
corn flake

トウモロコシの粗びき粉(コーングリッツという)でつくった乾燥状穀物製品。朝食用のシリアルや菓子に用いられる。トウモロコシを温水に浸すかあるいは蒸気で蒸し、粗くひいたのち、そのまま、あるいは砂糖、食塩、水飴(みずあめ)、蜂蜜(はちみつ)などの調味料をあわせた液につけて加圧、加熱する。こうして蒸し煮の終わったものを圧偏ロールで薄く平らに伸ばし、熱風で乾燥する。さらに釜(かま)で炒(い)りあげて製品とする。このとき香ばしい香りが生じる。牛乳をかけて朝食用シリアルとして食べる。またケーキの周りにつけたり、フライの衣としても使用する。アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどを強化したものもつくられている。[河野友美・山口米子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーンフレークの関連キーワードばっちりPFCバランス愛犬元気 栄養バランスと味わいプラス栄養バランスオールブラン白バラ牛乳栄養素バランス栄養調整食品液状バランス食バランス食

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コーンフレークの関連情報