コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴジカ Pentapetes phoenicea L.

2件 の用語解説(ゴジカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゴジカ【Pentapetes phoenicea L.】

東南アジア原産のアオギリ科の1属1種の一年草。日本には観賞用として平安時代にすでに栽培されていた。高さ50~120cm。葉は互生し,葉身は長さ4~12cm,幅0.5~4cmの線形ないし披針形で,縁に鋸歯がある。夏から秋にかけて葉腋(ようえき)から出る1,2個の花梗の先に,直径約3cmの赤色の花がやや下向きに咲く。午時花は漢名で,花が正午ごろ開き,翌朝にはしぼんでしまうことに基づく。本来はインドからインドシナ,ジャワ,セレベスなどモンスーン地帯の湿地や水田に生育する植物で,日本では野生化しない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴジカ
ごじか / 午時花
[学]Pentapetes phoenicea L.

アオギリ科の一年草。ミャンマービルマ)、インドの原産。正午ごろ花を開き、翌日の早朝にはしぼんで落ちるので午時花の名がついた。茎は直立し、分枝して高さ0.6~1.5メートルになる。葉は長披針(ひしん)形。花は夏、葉腋(ようえき)に2~3個が横か下向きにつき、包葉、萼(がく)、花弁ともに5枚。花は美しく平安時代から栽培されたといわれ、江戸時代には秋の七草に数えられた。栽培は実生(みしょう)により、5月初めから下旬に種子を播(ま)き、日がよく当たる所で育てる。挿芽で殖やすこともできる。[坂梨一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴジカの関連キーワードカカオ東南アジア東南アジア条約機構ヨウサイカヤプテ大風子アジアダラーアジアンポップスコラナット

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴジカの関連情報