コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴミムシダマシ ゴミムシダマシTenebrionidae; darkling beetle

4件 の用語解説(ゴミムシダマシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴミムシダマシ
ゴミムシダマシ
Tenebrionidae; darkling beetle

甲虫目ゴミムシダマシ科の昆虫の総称。半球形,円筒形,ひょうたん形,楕円板状など,多様な形態をもつ甲虫の一群。体長も2~35mmとさまざま。触角は 11節で,おおむね先端に向って太くなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ゴミムシダマシ

ゴミムシダマシ科の甲虫の1種。体長15mm内外,黒色。日本全土,朝鮮,中国,シベリアからヨーロッパに分布。枯木の樹皮下や古い家屋内などにすむ。ゴミムシダマシ科は全世界に分布し,日本にも多くの種類が知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴミムシダマシ【Neatus ventralis】

甲虫目ゴミムシダマシ科の昆虫。体長13~17mm。背面は黒褐色で光沢があり,上翅には点刻を含む深い縦条列がある。触角は先のほうへ太まる。北海道~九州のほか,シベリア,サハリンなどに分布する。成虫,幼虫とも穀粉や飼料などを食べ,わらくずやもみがらの中などに見いだされる。幼虫は黄褐色,半円筒形。チャイロコメノゴミムシダマシTenebrio molitorイラスト)の幼虫(ミールワームmeal worm呼ばれる)に似る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴミムシダマシ
ごみむしだまし / 偽歩行虫
[学]Neatus picipes

昆虫綱甲虫目ゴミムシダマシ科に属する昆虫。日本各地のほか、シベリア、ヨーロッパ、北アメリカに分布し、貯蔵穀類の害虫に数えられるが害は少ない。体長15ミリメートル内外。黒褐色で長形、多少後方が幅広い。6~7月ごろから現れ、朽ち木にみられ、また倉庫や納屋などにいる。幼虫は細い円筒形で黒褐色、成幼虫とも穀類の屑(くず)などを食べる。
 ゴミムシダマシ科darkling beetles/Tenebrionidaeは世界中に広く分布し、とくに熱帯域に多く、1万5000種以上が知られ、日本産として200種以上が記録されている。体長2~35ミリメートルぐらい。形はきわめて変化に富み、ほかの甲虫のどれにも似た形の種類があるといわれるほどである。全体的にみると黒色の種類が多いが、虹(にじ)の金属光沢をもつニジゴミムシダマシのようなものや、モンキゴミムシダマシなど赤い紋をもつものなど、いろいろある。形もテントウゴミムシダマシのように半球形のものから、卵形、楕円(だえん)板状、円筒形、ときにはヒサゴゴミムシダマシのようにひょうたん形などさまざまである。触角は先端へ徐々に幅を増し、前脚(ぜんきゃく)の基節は後方が閉じ、(ふせつ)は5節で後脚だけ4節、つめは単純であるなどの特徴をもつ。
 日本には、海外の砂漠や不毛の地にいるような種類はいないが、枯れ木や朽ち木にいるキマワリ、ヒサゴゴミムシダマシ、オオゴミムシダマシ、エグリゴミムシダマシなどや、キノコに集まるクワガタゴミムシダマシ、ナガニジゴミムシダマシ、キノコゴミムシダマシ、ツノゴミムシダマシなどは多く、コケなどを食べるテントウゴミムシダマシの類もいる。また、海浜や川原に多いスナゴミムシダマシ、海岸にいるゴモクゴミムシダマシ、ホネゴミムシダマシやハマベゴミムシダマシの類もみられる。このほか貯蔵穀類につく種類は世界共通や広い分布域をもつものが多く、日本にもコメノゴミムシダマシ、コクヌストモドキなど多く、ガイマイゴミムシダマシは、鶏舎内の飼料に発生する被害が各地におこり、問題になっている。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴミムシダマシの関連情報