コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーシェン ゴーシェン Goschen, George Joachim, 1st Viscount Goschen

3件 の用語解説(ゴーシェンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴーシェン
ゴーシェン
Goschen, George Joachim, 1st Viscount Goschen

[生]1831.8.10. ロンドン
[没]1907.2.7. ケント
イギリスの政治家。 1858年イングランド銀行理事。 63年以降自由党下院議員。ランカスター公領総裁 (1866) ,救貧院総裁 (68~71) ,海相 (71~74) などを歴任。 86年自由統一派に加わり,保守党内閣で蔵相 (87~92) ,海相 (95~1900) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ゴーシェン
ゴーシェン
Goshen

アメリカ合衆国,インディアナ州北部の都市。エルクハート川の岸にあり,サウスベンド東南東 39kmにある。 1828~30年に入植が行われ,メノー派新教徒が多数を占めていた。養鶏および農業地域の商業中心地で,工業は家具,ボートトレーラ,電子制御装置の製作などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴーシェン
ごーしぇん
George Joachim Goschen, 1st Viscount Goschen
(1831―1907)

イギリスの政治家。オックスフォード大学卒業後、父が営むシティの金融商会に勤め、弱冠27歳でイングランド銀行の重役になる。1863年自由党から下院議員となり、海相として名声を博すが、1886年アイルランド自治法案に反対して自由党を去り、自由統一党に参加。保守党と合同した統一党内閣の蔵相として、1888年の国債借替えや1890年恐慌におけるベアリング商会の救済などで手腕を示した。[石井摩耶子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴーシェンの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン橋落ちたロンドン・マッチどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴーシェンの関連情報