ゴールデントライアングル(英語表記)Golden Triangle

翻訳|Golden Triangle

大辞林 第三版の解説

ゴールデントライアングル【Golden Triangle】

〔黄金の三角地帯の意〕 ミャンマー・タイ・ラオスの国境にまたがる山岳地帯。世界最大のケシの栽培地のひとつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

ゴールデントライアングル【ゴールデントライアングル】
Golden Triangle

タイの最北部、ミャンマーラオスとタイの3国が国境を接するメコン川沿いの一帯(タイ領はチェンライ県に属する)。かつてはアヘンの栽培で知られ、軍事衝突や麻薬をめぐる利権争いも頻発して観光客が容易に入り込めない一帯だったが、現在では美しい景色が楽しめる観光スポットになっている。ミャンマーやラオスへの一時入国も可能で、少数民族の村を訪れたり、メコン川クルーズや寺院めぐりなどができる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゴールデン‐トライアングル

(Golden Triangle 「黄金の三角地帯」の意) 東南アジア、タイ・ラオス・ミャンマー国境の三角形をなす地域。麻薬用のケシが栽培されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android