コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サアーリビー サアーリビーal-Tha`ālibī, Abū Manṣūr `Abd al-Malik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サアーリビー
al-Tha`ālibī, Abū Manṣūr `Abd al-Malik

[生]961. ニーシャープール
[没]1038. ニーシャープール
イラン生れの文学者,言語学者。アラビア語で多くの名著を残した。サアーリビーとは「狐の人」という意味で,若い頃,狐の毛皮を売っていたためといわれる。『時代のたぐいなきもの』 Yatīma al-dahrはその時代の名詩選で,不朽の名著。ことにアラビア語文学の全盛期にあたる 10世紀の文学活動の記録としての意義が大きい。単なる名詩選でなく,詩人たちの事績をもよく伝えている。このほか『言語学』 Fiqh al-lughaや,史上の人物たちの逸話集,名言集など多数の著書を残している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サアーリビー【al‐Tha‘ālibī】

960‐1038
イランのニーシャープール出身の,博識・多才な文献学者。文法学,修辞学に関する重要な著作が数多いが,同時に当代の文学作品,逸話を収集した貴重な文学史上の貢献も見のがすことができない。《時代に比類なき書》《妙なる知識》等の著作は,往時の文学的状況を探るうえで不可欠であるばかりでなく,種々の話題,とりわけ社会生活の実情を知る際の情報の宝庫となっている。【黒田 寿郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サアーリビー
さあーりびー
Ab Manr al-Tha‘lib
(961―1038)

イラン系のアラビア語著述家。文学、歴史、伝記など50点に及ぶ著作があり、博識で知られた。狐(きつね)(サアーリブ)の皮を着ていたのでサアーリビーとよばれた。『ヤティーマッ・ダフル(当代独特のもの)』と略称される詩人の逸話・伝記集が有名。また、『ペルシア諸王史』は初期アラブについての伝承や、アレクサンドロス大王についての伝説を含み重要である。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サアーリビーの関連キーワード矢島文夫

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android