コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイイド sayyid

翻訳|sayyid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイイド
sayyid

元来は「奴隷の主人」を意味するアラビア語。複数は sāda。初期イスラム時代には,アリー家に属する者がサイイドまたはシャリーフと呼ばれたが,アッバース朝後期になるとサイイドはアリー家に属する者,シャリーフはアッバース家に属する者をさすようになった。神秘主義教団の聖者も一般にサイイドと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サイイド【sayyid】

〈長老〉などを意味するアラビア語。奴隷に対する主人,妻に対する夫などを指す語から転じて,集団の長老格の人物を指す。イスラム以前から最近まで遊牧民の長老はこの語で呼ばれ,またイスラム神秘主義教団の長老もまたこの語で呼ばれる。いずれの場合でも,権力をもった首長というより調整役を務める長老ともいうべき立場の人物を指す。この意味では,シャイフ同義である。一方,この語はシャリーフとともに,預言者ムハンマドの家族の子孫を指す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサイイドの言及

【シャイフ】より

…とくにアラブのベドウィンは,各種のレベルの血縁集団の長をシャイフと呼んだ。ことに重要なのは,部族の長としてのシャイフ(またはサイイド)である。部族のシャイフは,年齢,家系,性格,能力などの諸要素を総合して,全体の合意を得られるような人物が選ばれた。…

※「サイイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android