コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイパン[島] サイパン

百科事典マイペディアの解説

サイパン[島]【サイパン】

西太平洋,マリアナ諸島の火山島。アメリカの自治領(コモンウェルス),北マリアナ諸島の行政の中心をなす。住民はチャモロ人が主で,漁業が行われ,コプラも産する。1521年スペイン人が発見,ドイツ領,日本委任統治領,米国信託統治領を経て1986年米国の自治領となった。現在はグアムと並ぶ観光の島。太平洋戦争中の1944年6月15日,米軍が上陸攻撃を開始,日本軍のほとんどが戦死する激戦の末,7月9日米軍が同島を占領。米軍は日本本土空襲の基地を得た。約120km2。4万8220人(2010)。
→関連項目太平洋戦争(日本)タポチョ[山]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サイパン[島]【Saipan Island】

西太平洋,マリアナ諸島の火山島で,グアム島の北に位置する。面積185km2,人口4万8000(1995)。1565年レガスピが上陸し,この付近の島々を正式にスペイン領とする旨を宣した。古くはグアムと同様多くのチャモロ族が住んでいたが,カトリックの強制的布教に反抗して1670年布教師を殺害し,スペイン政府によってグアムに強制移住させられ,98年以降無住の地となった。その後カロリン諸島から幾度か移住が試みられ,1815年には台風によって住居を失ったトラック諸島民200人が集団移住したことが知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサイパン[島]の言及

【B29】より

…愛称スーパーフォートレスSuperfortress。ボーイング社により開発された米軍の大型長距離爆撃機で,太平洋戦争中は,1944年6月16日,中国大陸の成都から発進し,北九州八幡地区の爆撃に使用されて以降,サイパン島,テニアン島などを基地として,終戦まで日本の各都市の爆撃,および広島,長崎への原爆の投下に使われ,後に朝鮮戦争においても使用された。開発は1940年1月に開始され,試作機の初飛行は42年9月に行われた。…

※「サイパン[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android