サウナ(英語表記)〈フィンランド〉sauna

大辞林 第三版の解説

サウナ【sauna】

フィンランド風の蒸し風呂ぶろ。石塊を入れた鉄釜を下から熱した熱と、その石に水をかけて発する蒸気熱とで室内の温度・湿度を高め、その室内に入って汗を流す。サウナ風呂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サウナ
さうな
sauna

水や湯の風呂(ふろ)ではなく、蒸気や熱気の風呂。蒸気浴や熱気浴は、スキタイ民族が行い始めたとも考えられているが、北欧やシベリアなどの夏でも汗をかくことの少ない寒冷な地域で盛んである。とくにフィンランドの蒸し風呂をサウナとよぶ。これは、石塊をたくさん入れた鉄釜(てつがま)を下から熱し、その熱と、石に水をかけてつくる蒸気とでサウナ室の温湿度を調整するもので、湯気だけで蒸すトルコ風呂とは区別される。サウナ室は70~110℃の温度で、その中に座っていると、多量に発汗して、新陳代謝を高め血液循環や皮膚呼吸を促し、健康によい。サウナを出てシャワーや湖水で汗を流し、またサウナに戻ることを繰り返す。日本でも、元来の風呂とは蒸し風呂のことであり、湯浴になったのは江戸中期以後だが、京都の八瀬(やせ)の竈(かま)風呂などは蒸し風呂で通している。洋式サウナが日本に導入されたのは1966年(昭和41)といわれている。[村田仁代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

サウナ

〘名〙 (sauna) フィンランドの蒸しぶろ。蒸気浴熱気浴が結びついたもので、昭和四一年(一九六六)ごろ日本に渡来。日本化されて各都市に広まった。サウナ風呂。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サウナの関連情報