コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウナ サウナ 〈フィンランド〉sauna

3件 の用語解説(サウナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サウナ(〈フィンランド〉sauna)

熱気を用いたフィンランド式の蒸し風呂(ぶろ)。小屋や小部屋の中で熱した石に水をかけて蒸気を出し、室温をセ氏70度から100度前後に保つもの。サウナ風呂

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サウナ【sauna】

フィンランド風の蒸し風呂ぶろ。石塊を入れた鉄釜を下から熱した熱と、その石に水をかけて発する蒸気熱とで室内の温度・湿度を高め、その室内に入って汗を流す。サウナ風呂。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サウナ
さうな
sauna

水や湯の風呂(ふろ)ではなく、蒸気や熱気の風呂。蒸気浴や熱気浴は、スキタイ民族が行い始めたとも考えられているが、北欧やシベリアなどの夏でも汗をかくことの少ない寒冷な地域で盛んである。とくにフィンランドの蒸し風呂をサウナとよぶ。これは、石塊をたくさん入れた鉄釜(てつがま)を下から熱し、その熱と、石に水をかけてつくる蒸気とでサウナ室の温湿度を調整するもので、湯気だけで蒸すトルコ風呂とは区別される。サウナ室は70~110℃の温度で、その中に座っていると、多量に発汗して、新陳代謝を高め血液循環や皮膚呼吸を促し、健康によい。サウナを出てシャワーや湖水で汗を流し、またサウナに戻ることを繰り返す。日本でも、元来の風呂とは蒸し風呂のことであり、湯浴になったのは江戸中期以後だが、京都の八瀬(やせ)の竈(かま)風呂などは蒸し風呂で通している。洋式サウナが日本に導入されたのは1966年(昭和41)といわれている。[村田仁代]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サウナの関連キーワードサウナ風呂フィン人フィンランディア蒸し風呂・蒸風呂蒸風呂フィンランドバスソークママとボクのフィンランドバスノルドグレンフィンランド式野球蒸し風呂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サウナの関連情報