コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サカサナマズ サカサナマズSynodontis nigriventris; Blotched upsidedown catfish

2件 の用語解説(サカサナマズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サカサナマズ
サカサナマズ
Synodontis nigriventris; Blotched upsidedown catfish

ナマズ目モコクス科の観賞用淡水魚(→観賞魚)。全長 10cm。体形はナマズよりギギに近い。眼は大きい。体色は背面は白っぽく,腹面は一様に黒っぽい。背面を下に,腹面を上にして逆さまになって泳ぐためこの名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サカサナマズ
さかさなまず / 逆鯰
squeakerupside-down catfish

硬骨魚綱ナマズ目サカサナマズ科の淡水魚の総称。腹を上に向け、さかさまになって泳ぐので、この名がある。サハラ砂漠以南のアフリカに広く分布し、種類数は10種余りある。口は小さく、その周りに3対の糸状のひげがある。体はわずかに側扁(そくへん)するが、頭部は縦扁する。鱗(うろこ)はない。背びれに短くて鋭い1棘(きょく)、胸びれにも1棘があり、それらが倒れないよう固定するしくみ(ロック装置)をもつ。棘(とげ)の振動によって音を出す。背びれと尾びれとの間に、よく発達した大きな脂(あぶら)びれがあり、これに骨質の条(すじ)がある。
 川または沼沢などに生息する。夜明けと夕暮れに活動し、ときに大きな群れをつくる。雑食性で水藻や水中の昆虫などを食べる。あまり食用にはしないが、ヨーロッパ、アメリカなどでは観賞魚としてとくに人気がある。
 代表的な種は、アップサイドダウン・キャットフィッシュとよばれるコンゴ中部に生息するシノドンチス・ニグリベンテリスSynodontis nigriventrisである。全長10センチメートルに満たない小型種で、体色は一般的な魚とは逆に腹面が背面よりも黒ずみ、背面を水底に、腹面を水面に向けて泳ぐのに適応している。水生植物に付着する藻や小動物を食べる。体の背・腹が逆位になると、口が水面すれすれに位置するため餌(えさ)が食べやすい。しかし、底の餌を食べる時や、外敵などから逃げる場合には正位の状態で泳ぐこともある。昼間は石、流木、水草の下などに腹を上にして隠れているが、夜間には活発に活動して餌をとる。雌は雄よりも動作が活発である。産み出した卵は、外敵に発見されにくい場所に隠す習性があるので、飼育するときは小形の植木鉢を水槽内に入れてやるとよい。本種のほかに、ザンベジ川やタンガニーカ湖には30センチメートルを超えるシノドンチス・メラノスチクタスSynodontis melanostictus、ナイル川には17センチメートルになるシノドンチス・ニグリタSynodontis nigrita、ナイル川やチャド川には40センチメートルを超えるシノドンチス・スチャールSynodontis schallなどが生息している。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサカサナマズの言及

【ナマズ(鯰)】より

…コンゴ流域にはほかに1種M.microstomaを産する。サカサナマズSynodontis nigriventris(英名upside‐down catfish)はモコクス科Mochokidaeの1種。中央・西アフリカとコンゴ流域に分布。…

※「サカサナマズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サカサナマズの関連情報