コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サギゴケ(鷺苔) サギゴケMazus miquelii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サギゴケ(鷺苔)
サギゴケ
Mazus miquelii

ゴマノハグサ科多年草。本州以南の日本各地と台湾,中国に分布し,田のあぜなど湿ったところに生える。葉を対生した茎は長く匍匐し,花後特に顕著となる。茎の基部の葉は倒卵形で長さ2~5cm,幅 1.5~2cmであるが,上部の葉はほぼ円形になる。4~5月頃,根ぎわから短い花茎を出し,数個の花をつける。花冠唇形で紅紫色または白色。花が紅紫色のものをムラサキサギゴケ,白色のものをサギゴケまたはサギシバと呼んで区別することもある。花の下唇中央部には黄褐色の斑点が目立つ。花柱は1本で細長く,先は2分し触れるとすぐに閉じる習性をもっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サギゴケ【サギゴケ(鷺苔) Mazus miquelii Makino】

田のあぜや湿気のある草地に生えるゴマノハグサ科の多年草(イラスト)。葉は倒卵形で根ぎわに集まり,長さ2~5cm,幅1.5~2cm,ふぞろいに裂けた鋸歯がある。走出枝を伸ばして新苗を作って繁殖する。4~5月,根ぎわの葉の間から高さ10~15cmの花茎を伸ばし,紅紫色の花を数個つける。萼は鐘形で5裂。花冠は唇形で,下唇は大きくて3裂し,上唇は短く,2裂して先は反り返る。蒴果(さくか)は扁球形で萼に包まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android