コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サギゴケ

百科事典マイペディアの解説

サギゴケ

ムラサキサギゴケ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サギゴケ
さぎごけ / 鷺苔
[学]Mazus miquelii Makino

ゴマノハグサ科の多年草。走出枝を伸ばして広がり、葉は根際に群がってつく。春、葉の間から長さ10~15センチメートルの花茎を出し、数個の花をつける。花は紅紫色で長さ1~1.5センチメートル、唇形で下唇は広く、上唇は短く先が2裂してとがる。花柱の先はへら形で上下2枚に分かれ、虫などが触れると急速に閉じる。畦(あぜ)道などのやや湿った所に生え、日本全土および中国に分布する。名は、短くとがる花冠の上唇がサギの頭を思わせるのでつけられたと考えられる。また本種を花の色からムラサキサギゴケと称し、白色花のものをサギゴケとよんで区別することがあるが、普通にみられるのは紫色花であり、あえて区別する必要はない。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サギゴケの関連情報